フォト

カテゴリー

« あわいびとライブ 2018春 | トップページ | “あわいびとライブ2018春”を終えて »

2018年3月18日 (日)

【後編】 人形アニメーション作りと小説執筆と、そして本作りと/お父さん日記・2018春

昨年のログ「人形アニメーション作りと小説執筆と、そして本作りと/お父さん日記・2017特別編 2」を読んだ方から「その後どうなったの?」とお尋ね頂くことが幾度かあり、誠にかたじけない限りです。

以下、後編です。(前編を未読の方は、ぜひそちらを先にどうぞ)

 

 

・・・その後、束見本は無事に完成。そして(都合良く)それを夏休みの自由研究とする。糸かがり以外のノートも何冊か作って、レポートも(夏休み終わり間際というより新学期スタートの朝ようやく)仕上げて提出したそれは、ありがたくも学校長賞を賜った。良かったじゃん。

 

Imgp7989

 

Imgp7963

 

Imgp7934

 

 

そして夏も終わる頃、いよいよ自作小説の製本へ。白紙ノートの製本と違ってまず中身を印刷しなくてはならない。台割を考え、パソコンに向かって手作業で1ページずつ面付けする日々が続く。

 

Imgp7926

 

面付けがようやくできたら、全400ページの印刷。まずノンブルを印刷してから↓

 

Imgp7858

 

そこに本文を印刷する。↓

 

Imgp7860

 

 

1折り16ページ分が印刷できるごとに、ページ順に正しく並んでいるか確認する(と、間違っていてやり直すことも多々)。

 

Imgp7865

 

しかしなんとかここまで来た。

 

Imgp7873

 

よし、ここからは束見本で練習した(そして校長賞を頂戴した)腕の見せどころ(だよな?)。

 

Imgp7879

 

少し手慣れてきた糸かがり。

 

Imgp7905

 

Imgp7907

 

Imgp7924

 

ついに完成した初版本は、しかしその仕上がりが不本意で本人に喜びは全くない。

 

Imgp8022

 

糸かがりは糸にゆるみを残し、書籍用の紙の厚さゆえに裁断もうまくゆかず、紙で作った背表紙はすぐに破れて取れてしまった。そして(暫く放置された後)これは校正・校閲用プリントということに。

 

Imgp8023

 

 

「校正・校閲用プリント」としては豪華極まりない糸かがり上製本への赤入れ、それを参照しながらパソコンで本文直し、それに伴って台割・面付けもやり直し。再び印刷工程に辿り着いたのは年末だった。
初版本の反省を踏まえて、製本・装丁の工程一つ一つを慎重に進める。

 

Imgp8074

 

背表紙も(紙でなく)布張りにする。

 

Imgp8076

 

Imgp8080

 

 

大晦日も作業に没入し、そして今年の元日、第二版が完成した。今度は仕上がりも上々じゃない?

 

Imgp8105

 

Imgp8085

 

Imgp8128

 

28万字の執筆から、印刷・製本・装丁まで。自身の「文学作品」にして且つ「工芸作品」。

この経験は宝ものだな。

 

Imgp8112

 

Imgp8113

 

Imgp8140

 

大作完成おめでとう。

・・・

・・・え?

・・・今度はこれの文庫本を作るの? ほ、本当に??

 

(了)

 

【お父さん日記シリーズ】

 

子どもの言葉の軌跡(お父さん日記・2008-2009)

 

お父さん日記・2011夏

 

お父さん日記・2011秋〜2012初春

 

お父さん日記・2012春〜師走

 

お父さん日記・2013

 

お父さん日記・2014

 

お父さん日記・2015春

 

ゲルマニウムラジオ作り/お父さん日記・2015夏休み特別編として

 

お父さん日記・2015夏〜師走

 

自分の机を作る の巻/お父さん日記・2017特別編 1

 

人形アニメーション作りと小説執筆と、そして本作りと/お父さん日記・2017特別編 2

 

 

 

by りき哉

« あわいびとライブ 2018春 | トップページ | “あわいびとライブ2018春”を終えて »

4 : OFFの日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« あわいびとライブ 2018春 | トップページ | “あわいびとライブ2018春”を終えて »