フォト

« あわいびと CDアルバム『ひと粒のちから〜里景色〜』リリース | トップページ | ピアノ椅子物語 »

2015年11月30日 (月)

伝承と創出のあわいに(民謡のアレンジについて)

Aminosiuta_s

(「ピアノで織りなす茨城県民謡 網のし唄」 26×34cm クレヨン)



新たなものを付加することによって失われるものもある。

そして、その失われるものこそが、それにとって本当に大切なものであるかもしれない。

日本の民謡をピアノの響きで包むことには、だから、常に大きな畏れがあります。


今回はその畏れについて、つまり「 ひと粒のちから:ピアノで織りなす東北民謡」(あわいびと)のアレンジについて、少し言葉にしておきたいと思います。




● 「ピアノで織りなす」の意味について

ひと粒のちからプロジェクトとしてYouTubeにアップした音楽のタイトルには、いずれも「ピアノで織りなす○○県民謡」と謳いました。

この「ピアノで織りなす」というキャッチフレーズですが、実はこれは「ピアノで奏でる」という意味ではありません。

では、どういう意味なのか。

メロディとハーモニーとリズムをもって「音楽の三要素」とする捉え方があります。その捉え方は、音楽における「無数にあるであろうモノサシの中のひとつ」に過ぎませんが、今日広く共有されているそのモノサシを当てるならば、日本の民謡は「ハーモニー(和声)という概念を持たない音楽」だと言えます。

その日本の民謡を、和声音楽の新たな響きに包むこと。
ひと粒のちからプロジェクトは、そこに音楽的な趣意を置いて始まりました。

つまり、ここで「ピアノ」は、必ずしもピアノのことではなく、「近代西洋音楽に生まれた(12平均律における)和声」の代名詞・象徴として使っています。

ピアノの代わりに(和声が表現できれば)他のどんな楽器で演奏しても成立するように、「和声音楽の世界像が日本の民謡を豊かに広げてゆく可能性」を求めて、その趣旨を「ピアノで織りなす」という言葉に込めました。



● 「その唄本来の姿を変えない」ということについて

音楽のアレンジには無数のベクトルがあり、たとえば「原曲を解体し、再構築していくアレンジ」も、音楽のとても意義深い営みだと思います。
一方、ひと粒のちからプロジェクトでは、民謡への和声付けの際に「その唄の本来の姿を大切にしたい」と考えています。

土地に根差して受け継がれてきた唄のかたちを、西洋音楽の美的観点によって変えてしまわない。

音楽から和声を取り外せば、その唄の古来の姿が立ち現れるように。

その上でその唄が新たに豊かに広がってゆくこと。
いつでも唄の原形を取り出せるかたちで、「日本各地の民のうた」と「(ピアノに象徴される)和声音楽の美」との両立を図りたい。
そして、両立したその「二つの世界のあわい(間)」に様々な交流が生まれたら。

そんなふうに願っています。




【参考】

・「その唄本来の姿を変えずに、ただ和声を付ける」ということの最たる例がこちらで試聴できます↓
 山形民謡とピアノ (2007/11/29)

・関連ログ:音楽の何に曲名をつけるのか


※ このテーマについてはまだまだ言葉足らずなので、追々、稿を重ねたいと思ってます。


● 追記(2015.12.08)

あわいびと Official Website オープンしました。
  awaibito.com



by りき哉

« あわいびと CDアルバム『ひと粒のちから〜里景色〜』リリース | トップページ | ピアノ椅子物語 »

1: 随想録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/501669/62696642

この記事へのトラックバック一覧です: 伝承と創出のあわいに(民謡のアレンジについて):

« あわいびと CDアルバム『ひと粒のちから〜里景色〜』リリース | トップページ | ピアノ椅子物語 »

カテゴリー