フォト

« 『相馬二遍返し』プログレッシブ・ロック・サウンド | トップページ | 「日本を聴く vol.1」ひと粒のちからライブ(後記up) »

2015年10月 1日 (木)

ゲルマニウムラジオ作り

「お父さん日記・2015夏休み特別編」として
(8/21の公開日記より転載)


【2015年8月21日】

小4の夏休み。
自由研究で「ラジオを作りたい」と言うので、「まだ電気のこと何も習ってないんだから難しいんじゃないか?」と諭そうとしたのだが、どうしても作りたいらしく、ラジオ作りに無知な私も一緒に「自由研究」せざるを得なくなり、ラジオ製作入門書を2冊ほど読んだ。


彼がラジオを作りたがったのは、自分で図書館から借りてきた『よくわかる電気のしくみ』にそれが載っていたからなのだが、大人向けに書かれた『手作りラジオ工作入門』(西田和明著)や『ぼくらの鉱石ラジオ』(小林健二著)なんかをパラパラと読んでみると、なるほど面白そうだと私も思った。


それで彼と秋葉原へ電子部品の一つひとつを調達に行ったのは先々週のことで、先日はいよいよ製作に着手。
コイルを巻き、家にあった適当な箱を加工して筐体とし、バリコンとトグルスイッチを取り付けて、ダイオードや抵抗やコンデンサーや諸々をハンダ付けして・・

・・無事に完成しました。ゲルマニウムラジオ!

1

Photo


果たしてちゃんと受信できるのか?
不安と期待を胸に、クリスタルイヤホンは耳に、慎重にバリコンを回す。

しかし聞こえるのはノイズのみ。
ベランダに出たりアンテナを手当たり次第に試しても放送は聞こえてこなかった。
期待は保留され、不安は募った。

でもそれはその後すぐに訪れる歓喜への序章だった。


既に夜。
マンション4階の自宅から最上階の6階へ移動し、約2メートル長のアンテナ線を私が高く掲げた瞬間。
イヤホンを耳に当てていた息子がウンウンと大きく頷きながら「聞こえる聞こえる」と。

「野球やってる。今7回の表だって」

どれどれ、おおっ、ほんとだ!よく聞こえるね。

放送が聞こえた瞬間の彼の笑顔は、私の心の宝箱に。


そして夕食が済んでからも再び6階へ上がり、ラジオ放送にひたすら耳を傾けるの図。

2


承前。ラジオ放送を聴く(・・アンテナ線で電波を受信する)というのは、宇宙を思うようなこんなにロマンチックなことだったんだな、とも。


『お父さんの夏休み自由研究2015』(完)



【お父さん日記シリーズ】

お父さん日記・2011夏

お父さん日記・2011秋〜2012初春

お父さん日記・2012春〜師走

お父さん日記・2013

お父さん日記・2014

お父さん日記・2015春



by りき哉


« 『相馬二遍返し』プログレッシブ・ロック・サウンド | トップページ | 「日本を聴く vol.1」ひと粒のちからライブ(後記up) »

4 : OFFの日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/501669/61713458

この記事へのトラックバック一覧です: ゲルマニウムラジオ作り:

« 『相馬二遍返し』プログレッシブ・ロック・サウンド | トップページ | 「日本を聴く vol.1」ひと粒のちからライブ(後記up) »

カテゴリー