フォト

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月31日 (水)

お父さん日記・2014

8

2014年の(主に)公開日記より。


【1月7日】
心して聞けよ、というつもりで「難しいぞ」と前置きしたら「じゃあいいや」と言ってノートを閉じてしまったきりになっていた「自分の名前に込められた意味をインタビューする」という宿題。おい、良くないだろ。冬休み最終日にやっと終える。(お父さんも初めて伝えることができてちょっと嬉しい)


【2月22日】
おっ、腕を上げたじゃないか。もうお父さんより上手だな。(ケン玉)

5

承前。腕前で息子に抜かれる喜びを初めて味わう。(えっ?他にも何かあった?あ、恐竜のことは腕前じゃなくて知識だし、あ、あれはお父さん最初からできないから抜かれたわけじゃないし、やっぱり初めてだと思うぞ。たぶん)


【4月2日】
大型書店にて、息子(8)を児童書コーナーに置いたまま自分の本選びにすっかり長時間を費やしてしまったのだが、ようやく選び終えて息子に「そろそろ帰ろうか」と声をかけると、「えっ、もう?」と。
「もう?」って、もう4時間近くもここに居るんだぞ?(私は1冊、息子には5冊購入)

7


【8月11日】
野球というものをテレビでも見たことのなかった息子が初めて「ねえお父さん、野球しよ」とせがんだのは、彼が小一の時だったろうか、神宮球場で初めてプロ野球観戦した翌日だった。漠然としていた「野球」というもののイメージが、彼の中で一気に形作られた出来事だったんだろうな。

小三の夏休み。過日球場で観戦した息子曰く、「野球は9人と9人でやるとなかなか点が入らないんだね」。(いつもお父さんと二人でやる時は得点が「38対27」とか二桁同士になるからな)

グローブを買い与えた。やっぱり軟球とグローブだと、(カラーボールとプラスチックバットでやる二人野球よりも)キャッチボールだけで百万倍たのしいな。(お父さんも40年ぶりのマイ・グローブがちょっと嬉しい)

1


【8月24日】
出掛ける支度中、椅子に寝そべっていたクマの上に鞄を置くと、その様子を見た息子はレゴで遊んでいた手を休め、黙ってそっとクマを引き抜き、抱っこして背中をさすり、頭を撫でて口元に頬ずりして、静かに床に寝かせてから、再びレゴに向かった。そうか。そのクマは本当に生きてるんだな、お前の中では。ごめんごめん。心の中で謝りながら出てきた。

(吹き込まれた命は、いつか薄まり消えていくのだろうか。あるいは、子供の捉えている世界の方が本当なのかもしれないな。「本当の世界」って何だろう)


【8月29日】
誘われて・・ではなく、息子が自分から「聴きに行きたい」と言って来たのは初めてのことだったかもしれない。彼はどうしてお父さんのライブを聴きに行きたいと思ったのだろう。そこが、ちょっと気になる。


【8月31日】
夏休みの宿題で息子が取り組んだ自由研究が僅か30分で終わるような内容だったので「いいのか、それで」と思ったのだが、そういえば私が小三の頃にやった夏休みの自由研究は「ねこは暗闇で逆さに放り投げられても身を翻して着地できるか」という、自宅のねこで2分ほどで確認できることだったような。


【10月12日】
高尾山に息子と。

9


【10月14日】
よし。合格だな、「カッコーワルツ」。

10

(一曲合格する毎に、押し殺そうとする嬉しさが顔に出ちゃうんだよな)


【11月23日】
キャッチボール、本当に楽しいな。
よく会話を「言葉のキャッチボール」と喩えるが、実際のキャッチボールをしていると「これはボールでの会話だな」と思う。相手が捕りやすい所へ投げようと努め、少々外れた球が来ても自分が動いて捕ろうとする。ただ投げ合っているだけで楽しくて、飽きることがない。無言でも気持ちがボールで伝わる(ような気がしている)。


【12月25日】
今年9歳の誕生日&クリスマスは、レゴ(ニンジャゴー)と、ラジコン戦車と、ロボット玩具(トランスフォーマー)。



【お父さん日記シリーズ】

お父さん日記・2011夏

お父さん日記・2011秋〜2012初春

お父さん日記・2012春〜師走

お父さん日記・2013


by りき哉

2014年12月30日 (火)

2014年リリースCD&DVDまとめ

今年発売した(&発売された)CD・DVDを一覧にしました。
以下、掲載はリリース順です。

----------------------------------------------------

『まるの中と外』/なかのむらぼ

Marunonakatosoto

Hocola Records
HCL002
2014.3.12 release
CDアルバム ¥1000(税別)
MP3アルバム ¥450/各曲¥150(税別)

Amazonの商品ページ



中野渡章子(vo)との共作マキシシングル。

このアルバムについてのブログ記事

関連ブログ記事

——————————————————————————

『ジャズ・アニメーションズ』 /サマ&オーデモンド

Vhcd1155

VENUS RECORDS
VHCD-1155
2014.5.21 release
¥2,667(税別)

発売元:ヴィーナスレコード

Amazonの商品ページ

samA(vo)とひび則彦(s.sax)の二人を中心としたバンド「samA & EAU DE MOND」の1stアルバム。
私はバンドメンバーとして参加。うち二曲ではアレンジも担当しています。

このアルバムについてのブログ記事

関連ブログ記事

——————————————————————————

『一の巻 Daikoku mai』/調草子 Kaori-ne

Ichinomaki_dakikokumai

SHIRABENO Record
SSKN-1401
¥2,315(税別)
2014.5.25 release

配給元:アオラ・コーポレーション

Amazonの商品ページ

木津かおり(うた・三味線)、佐藤錦水(尺八・篠笛)、内田充(gt)、中村力哉(pf)、海沼正利(Perc)の5人によるユニット「調草子 Kaori-ne」の1stアルバム。

このアルバムについてのブログ記事

PV(YouTube 2分)←ぜひご視聴ください!

——————————————————————————

『Junko Akimoto BEST 愛のままで…』/秋元順子

Akimotojunko_best



KING RECORDS
KICX-915
¥2,778(税別)
2014.7.23 release

Amazonの商品ページ


秋元順子さんのベストアルバム。
ボーナストラックとして「愛のままで… Piano version」を、歌とピアノのデュオで録音しました。
リハーモナイズしています。


Photo_3


写真右:
レコーディング開始前の打ち合わせ中の図。
2014年6月3日 キング関口台スタジオにて。

——————————————————————————

『秋元順子 Concert 2014
~歌ある限り、愛のままで生きる~』/秋元順子

Akimotojunko_2014live_dvd

KING RECORDS
KIBM-469
¥4,000(税別)
2014.12.3 release

Amazonの商品ページ




秋元順子さんの2014ツアー・コンサートをライブ収録したDVD。
今年も全公演(20ヶ所23公演)サポートを務めました。

——————————————————————————

by りき哉

2014年12月14日 (日)

2014師走 リーダーライブのご案内(ライブ後記追記)

1

2014年師走。
リーダーライブのご案内です。

ドラムの河崎真澄さんとのジャズ・ユニットvol.1。

今回はピアノトリオで、クリスマス・ソングを多く取り上げます。
中でも「赤鼻のトナカイ」と「そりすべり」は、取り分けクールなアレンジをしました。(←乞うご期待)
もちろん、スタンダードやオリジナル曲も。

ホットで楽しいライブにしたいと思っています。
どうぞお越し下さい。

(トップの写真は2014年12月3日、宮城県民会館にて、秋元順子さんのコンサートのサウンドチェックを終えたところの河崎さんと私)


2014年12月19日(金)
中村力哉&河崎真澄 X'mas Jazz Session Live

18:00 open
20:00 start
チャージ 3,000円+1ドリンク

piano  中村力哉
drums   河崎真澄
bass   木村将之 

場所:赤坂「LADYBIRD
東京都港区赤坂2-14-13 シャトレ赤坂B1F
TEL:03-3568-1417


【ライブ後記】
少しマニアックなアレンジを施した7拍子の「そりすべり」や5拍子の「赤鼻のトナカイ」は楽しく、
与えることと受け取ることについて考えを巡らせてしまう「リトル・ドラマー・ボーイ」は熱く、
ジョン・レノンの「ハッピー・クリスマス」は平和への祈りを込めて、
新たに生まれた命への賛歌として書いたオリジナル曲も含め、
全曲精魂込めて弾きました。

河崎さんとの対話はMCでも演奏でも弾んで、私は初共演だった木村将之さんのアプローチも的確かつ柔軟で、更にはスペシャルなゲストもお招きして、とても和やかで熱いライブになったと思います。

お越し下さった皆さま、どうもありがとうございました。
ぜひ第二弾も企画したいと思っています。
応援どうぞよろしくお願いします。

by りき哉

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

カテゴリー