フォト

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月27日 (木)

お父さん日記・2012春〜師走

Imgp4632

2012年。今春以降の「お父さん日記」の中から幾つか。


【2月3日】
幼稚園の発表会で「孫悟空」を観劇した。息子は猪八戒の役で、登場してから最後まで四つん這い。うん、がんばったがんばった。明日・千秋楽もしっかりな。願わくば、台詞を恥ずかしがらずに大きな声で言えたら良いのだけど。シャイだからなぁ。お父さんに似て。


【2月5日】
隣の部屋から映画「マダガスカル」の台詞を読む息子の声が聞こえてくる。そんな本も家にあったのかと思って聞き流していたのだが、そっと覗いたら何も見ないでそれぞれの役になりきってしゃべってた。もう30分近くにもなるけど。最初から最後まで頭に入っちゃってるのか。


【4月6日】
桜は満開で、ポカポカの陽光に包まれて、今日から小学生。


【6月19日】
息子が学校から帰宅するなり「今日つまんなかった」と。聞けば、将棋教室が無かったから。そうか。本人が希望したとはいえ、駒の動かし方も知らないのに「将棋が好きな子」が条件の教室に参加してしまって大丈夫か?と心配したのは先週だが、それほど楽しかったなら何よりだ。よし、じゃお父さんとやろうか。


【8月24日】
台所で支度中の母親から「今日はパンそれしかないの」と言われた息子は、食パン一枚が乗った自分のお皿を前に「えー、どうしてこれしかないの」と不満顔。お父さんの一枚を物欲しげにチラチラ見ている。半分あげようかと思っていたら、自分のパンを半分ちぎって、まだ空っぽのお母さんのお皿に置いた。


【9月9日】
近所の緑道にて。息子が木の切り株に群生していたキノコを見て「あ、ぼく、なんでキ・ノ・コっていうかわかった!キノコのキは、木っていうことで・・」と言うから、木の子供だからキノコ、と言うのかと思ったら、「木から、のこのこ出てくるから」。そうかも知れないね。


【10月5日】
『未来』ってなに?という質問に私が答えたのに対して、「でも明日ってないよね」と息子。「地球が生まれてから今日までが歴史で、今日まではあるけど、明日とか未来はまだないよね」と。ほう、そのような「時間とは何か」という根源的な謎に到るように、もうなったのか。

彼の発言から推知されるのは、彼が時間の概念としてその一方向性と不可逆性という性質を自明のことと既に捉えていた、ということ。それはつまり、まだ言葉を話せなかった赤ちゃんの頃には本来的に持っていたであろう彼のパラダイム(宇宙観)が、もう完全に消え去ったことを意味するのかもしれないなと。(これから「再び知る」ために、算数と国語がんばろうね。楽しみだね)


【10月6日】
初めての「秋休み」は家族で蓼科温泉に。横谷渓谷を往復踏破し、「5歳の夏休みの時の西沢渓谷(※)に比べればラクだったね」と水を向けると、「うん。でもやっぱり大変だった」。


【10月7日】
以前から「やりたい・行きたい」と熱望していた釣りも渓流にて初体験。ニジマス美味しかったね。


【12月6日】
息子にアドリブのやり方を教えたことはないのだが、左手でドとソを押さえながら右手で白鍵をテキトーに弾いていたのは背中越しに聞こえていた。「お父さん、今アドリブやった。タイトルも考えた」って言うから「なに?」と訊いたら『サンタがやって来て帰っていった』だそう。高い音は鈴の音だったとのこと。そうか。


【12月23日】
自宅スタジオで練習していると息子が入ってきて、蛍光灯を消して白熱球を一つだけつけた。そして珍しくじっと静かにお父さんのピアノを聴いているなと思ったら、「こっちの電気にした方が本物っぽいよ。それでこっちに人間の人形をぎっしり並べておいたら本番みたいで緊張して、もっといい練習になるんじゃない?」と。(なるほど、それはいい考えだね)


トップの写真
PENTAX K200 + smcPENTAX DA 35mm F2.8 Macro Limited
2012年10月7日 蓼科にて


【※】
お父さん日記・2011夏

お父さん日記・2011秋〜2012初春


by りき哉

2012年12月21日 (金)

秋元順子Jazz Live 2012 at 名古屋ブルーノート後記

Imgp5151

Imgp5146

Imgp5131


12月20日、名古屋ブルーノートでの秋元順子ジャズ・ライブは、楽しく大盛況のうちに終了しました。

今回も私はアレンジ&バンド・リーダーを務めさせて頂きました。
沢山の方に楽しんで頂けたこと、そして、いろいろな巡り合わせに感謝です。


上の写真は、いずれも本番前のリハーサル風景。


Imgp5178こちらは、2セットのライブを終えて、楽屋にて乾杯の図。


vocal   秋元順子
piano   中村力哉
bass    和田弘志
drums   長谷川清司
(2012年12月20日 名古屋 BLUE NOTE にて)


さて。
これにて、順子さんの今年のコンサート・サポートはすべて終了となりました。
1月からざっと数えてみたところ、歌謡曲コンサートの方は全国25箇所(約50公演)ほど。
ギターとピアノというバンド編成(アコースティック・バージョン)も沢山ありましたし、思い返すと感慨深いです。
(順子さんファンの皆さま、そして順子さん始めバンドの皆様、関係者の皆様、どうもありがとうございました)

来年も、さらに精進したいと思います。
どんな展開となりますか、とても楽しみです。

by りき哉

2012年12月14日 (金)

この岐路に思うこと

Bw135film101225_0022


2012年師走。
今回の衆院選は、この国の進む方向を決するとても大きな岐路になるのだと思います。

取り急ぎ、思うところを走り書きで。

原発を今後どうすべきかというアンケート(12/8付け日経新聞)では、「脱原発を目指すべき」という意見が82%、「今後も必要」と答えたのは13%。

一方、各紙の報道によれば、自民党が圧勝する見込みとのこと。
私にはよく解らないのですが、この矛盾は、「民主党がダメだったから、自民党の方がマシ」と考えている人が多い、ということなのでしょうか。

安倍自民党は、「原発ゼロを目指さない」と断言しています。

この地震列島に原発を乱立させ、福島の事故を招き、その反省をするどころか、これからも原発を新設し、さらに推進しようとする考えに、私は到底与することはできません。


そして、更に重要な視点は、「そもそも憲法とは何か」という根本的なこと。

日本国憲法改正草案

改正案についてのQ&A

(いずれも、自民党HPにあるPDFファイル)

憲法について、私自身は(今まで無知だったので)この数日に慌てて勉強しただけの素人ですが、自民党によるこの改正案を読み、本当に驚きました。
9条のことだけではありません。
もっと根源的な、何よりも重要なことが否定され、失われようとしていることに。

立憲主義とはそもそもどういうことなのか、天賦人権説をとらないということは何を意味するのか。
そういったことを知らずに暢気に、もしもこの「改正案」のような代物を本当にこの国の憲法として私たちが認めるならば、一体全体、この国はどうなってしまうのか。

今まで当たり前のように考えていた基本的人権の思想は、私たち一人一人が注意深く見守っていなければ、うっかりすると連鎖的に壊れていってしまうような、とても繊細な、最もかけがえのないものなのだということを、私はこの改憲案を通して知りました。


私が参考にした資料の中から一つをご案内します。

自民党憲法草案の条文解説
(憲法の現行文と自民の草案を見やすく比較できるように、前文から1条ずつ全てがまとめられています。法に携わっている方によるサイトです)


そして、たくさんの著名人や識者たちがメッセージを寄せているサイト、「坂本龍一から政治家のみなさんへ」の中から、たきもと しげこさん(法律学者)の、このメッセージもご紹介します。

これです↓
http://skmtsocial.tumblr.com/post/37628588064

この中の、「戦争を知らない私たちは、一見平和と見える『戦前』に生きているかも知れない」という言葉は、決して誇大表現ではないと、昨今の風潮に感じています。


歴史から学んだ本当に大切な理念を、一時の空気に流されるままに手放してしまうことがないように。
次代に、核のゴミではなく、安心して暮らせる土地を残せるように。

自分の子供や子孫に堂々と胸を張れるような選択をしたいと思います。


トップの写真:新宿寸景(2010年12月)
PENTAX LX+planar 50/1.4+400TMAX(self development)


by りき哉

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

カテゴリー