フォト

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月23日 (日)

一粒のちからコンサート無事終了

120921nakamura0001



杉並公会堂小ホールでの「一粒のちから」コンサートが無事に終わりました。

一粒のちからコンサート(於:杉並公会堂小ホール)のご案内

音響的にも恵まれた場所で、大きな温かな拍手に包まれて、私たちもとても楽しみながら精一杯の音を奏でることができました。

ご来場いただいた皆さま、応援してくださった皆さま、本当にどうもありがとうございました。

スタッフの皆さま、そして主催してくださったアニドウのなみきさん、どうもありがとうございました。

この度の機会を与えられたこと、ここに至るいろいろな流れに、心より感謝します。


120921nakamura0007
  唄・和太鼓の 美鵬成る駒(びほう・なるこま)


120921nakamura0006
  舞台上手は尺八・篠笛の 佐藤錦水(さとう・きんすい)


120921nakamura0002



 写真:以上、2012年9月21日、杉並公会堂小ホールにて。
 (主催のアニドウ代表なみき氏による撮影)


Img_1547

 おまけ:終演後の弛緩したメンバー。





【次回ライブのご案内】
来る11月23日(金)、東京の下町・町屋にある三味線ライブハウス Chito-Shan にて、このユニットのライブを行うことになりました。
(詳細はまた後日ご案内させていただきます)


『一粒のちからプロジェクト』とは↓
 私たちの故郷のために:ピアノで織りなす東北民謡


by りき哉

2012年9月19日 (水)

一粒のちからコンサート(於:杉並公会堂小ホール)のご案内

【追記】
無事に終わりました。
ご来場くださった皆さま、応援してくださった皆さま、本当にどうもありがとうございました。
取り急ぎ、お礼まで。

----------------------------------------------------



Img_0073_2


「一粒のちから」プロジェクトとして、コンサートを開催して頂けることになりました。

当プロジェクトは、昨年末に被災地である南三陸町へライブ演奏に伺う機会に恵まれましたが(※1)、東京での演奏は今回が初めてとなります。

昨年の震災後、美鵬成る駒(唄・和太鼓)、佐藤錦水(尺八・篠笛)とともに(本当にささやかではありますが)進めてきたこのプロジェクトの端緒は、2007年10月29日、杉並公会堂 小ホールにて行われた「おこんじょうるり・里うた・今昔LIVE」にありました。

これは、世界中のアニメーションの研究・出版・配給などを行っているアニドウの主催により開催されたコンサートで、上の写真はその時のものです。

今回は当プロジェクトの「ピアノで織りなす東北民謡」シリーズを中心に、私たちのふるさとのために、心を込めて精一杯の音楽をお届けいたします。


お時間ありましたら、ぜひお運びください。



120921chirashi_2


2012年9月21日(金)
「私たちのふるさとのために 一粒のちから」コンサート

18:30開場 19:00開演
前売3,000円 当日3,500円

唄・和太鼓  美鵬成る駒
尺八・篠笛  佐藤錦水
piano    中村力哉

場所:「杉並公会堂 小ホール」
東京都杉並区上荻1-23-15

主催:ANIDO
ANIDOによるこのコンサートのインフォメーション

ご予約はこちら。予約フォーム




『一粒のちからプロジェクト』とは↓
 私たちの故郷のために:ピアノで織りなす東北民謡


※1:南三陸町との邂逅 一粒のちからコンサート後記



by りき哉


bando-band 2012初秋ライブ後記

Img_1522



2012初秋のbando-bandライブ(at KAMOME)の後記です。


「All Over」は着実に深化し、そして今回が(このバンドにとっては)初演だった海沼さんのオリジナル曲も世界を大きく広げてくれました。

特に後半は、ひときわ熱い演奏に。

お越し頂いた皆さま、どうもありがとうございました。


トップの写真は、本番前のサウンドチェックでの一コマ。


こちらは終演後に。

Imgp4381_bw



次回は四国ツアー、そして東京では11月14日(於:中目黒・楽屋)です。
楽しみです。


by りき哉

2012年9月17日 (月)

2012初秋のbando-bandライブ(at KAMOME)

今秋、bando-band四国ライブツアーが決定しました!
bando-bandでの四国ツアーは、2009年以来の二度目になります。
10月26日から29日。とても楽しみです。詳細は後日。


さて、明日(9/18)は関内KAMOMEでのライブです。

前回(8/9)初演を果たした、絵画に於ける ALL OVER という思想やその絵画自体からインスピレーションを得たというリーダー大久保かおりさんの新曲は、このバンドに新たなベクトルを与えてくれました。
今回も更に広げます。

乞うご期待!

20120918_bb_kamomedm_sho


2012年9月18日(火)
bando-band LIVE!

19:00オープン
20:00スタート
charge¥3000

bandoneon  大久保かおり
piano      中村力哉
bass     マーク・トゥリアン
percussion  海沼正利

場所:関内「KAMOME
神奈川県横浜市中区住吉町6-76
Tel 045-662-5357

bando-band web site



by りき哉

2012夏のライブ後記より

ライブ本番以外にもたくさんの宿題が重なり怒濤の毎日だった暑い夏の日々が、もう既に懐かしい。

それぞれ音楽的バックボーンが大きく違う個性的なメンバーが何年間にも渡って共感し合い続けることができることの喜びを改めて感じたり、「交感」とか「信頼」とか、共演が共演たる所以について深く思いを巡らせたり、と、この夏も多くの濃密なライブに恵まれたことに感謝。

(8月はこんなライブがありました→ 盛夏の候、今月のライブいろいろご案内




というわけで、一枚だけ写真を掲載しておこうかと。

120902
9月2日、俳優である風間水希さんと日高恵さんによる歌のデュオユニット『セロンカプリス』ライブでは、私は今回バックのアレンジを務めさせて頂きました。マーク・トゥリアン(wb)、今野大輔(ds)とともに、Jazzyにお届けした珠玉の昭和歌謡曲。
このライブもまたとても楽しく、縁の不思議さと必然性を感じる印象深いものでした。
超満員御礼の終演後にパチリ。(新宿新宿ミノトール2にて)



by りき哉

2012年9月 1日 (土)

ピアノで織りなす千葉県民謡「九十九里大漁木遣り唄」

「一粒のちから」プロジェクトの第六弾です。

2011年3月11日、東日本大震災の津波は、九十九里浜にも被害をもたらしました。
私たち一人一人のふるさとへ想いに、この音楽が少しでも寄り添うことができたなら幸いです。

日本の民謡はもともと和声(という概念)を持たない音楽ですが、そこにピアノによるハーモニーを加え、受け継いできた伝統と文化を大切にしながら、新たな解釈とともにアレンジ・演奏しました。



この唄は、千葉県長生郡一宮町を中心とした九十九里沿岸一帯の漁師たちが大漁祈願成就の御礼、また海上安全への祈りを込めて歌ったと伝えらる海唄です。
「木遣り唄」とは、大木や岩を大勢で運ぶとき、地突き、棟上げ、祭りの山車を引くときなどに歌われる唄ですが、この唄は木遣りがミックスしためずらしい海唄で、作業唄・祝い唄としても唄われたと考えられています。


千葉県民謡「九十九里大漁木遣り唄」

(ハ 大漁だ大漁だ)
ハァ ここは九十九里(ハ ナンダコリャ)
東浪見ヶ浜は(ハ ヨイヨイ)
今日も大漁の(ハ ナンダコリャ)
ヤレ 旗の波

ハ ヨイヨイ ヨイトセ
ハ アリャリャ ハ コレワノセ ハ ヤァヤトセ 
(ハ 大漁だ大漁だ)

(以下くり返し言葉および囃子略)

ハァ 浜が大漁で 陸(おか)万作で
村にゃ黄金の ヤレ 花が咲く

ハァ 入熊沖へと 両舵おろし
入れて出すまい ヤレ色鰯

ハァ 鯨汐吹く 小波もあるに
沖さ取り出す ヤレ鳥毛網

以上は、この演奏で唄っている歌詞です。
(他にもいろいろな歌詞があります)


【この動画の演奏者】

 美鵬成る駒(唄・当り鉦)
 佐藤錦水 (篠笛・唄囃子)
 岩谷耕資郎(guitar・唄囃子)
 三枝俊治 (electric fretless bass・唄囃子)
 秋葉正樹 (drums・percussion・唄囃子)
 中村力哉 (和声付け・編曲・Rhodes piano・唄囃子)

 2012年8月5日・6日
 東京 Hocola Studio にて録音

 正調・九十九里大漁木遣り唄(動画の冒頭51秒までの部分)
 Special Thanks to...
 公美 公基 理加 玲奈

ちなみに背景画は、美鵬成る駒が心を込めて描きました。
(2012年8月10日 18×26cm 色鉛筆)


この地で育まれてきた唄を後世へ伝えていくこと。
その力のささやかな一粒になれればと願っています。


【補足】
当プロジェクトによるその他の唄が、ここでまとめて視聴できます。
一粒のちから:ピアノで織りなす東北民謡

ピアノで織りなす福島県民謡「相馬二遍返し」
ピアノで織りなす宮城県民謡「十三浜甚句」
ピアノで織りなす茨城県民謡「網のし唄」
ピアノで織りなす岩手県民謡「釜石浜唄」
ピアノで織りなす青森県民謡「南部餅つき唄」


【補足2】
来る9月21日(金)、杉並公会堂小ホールにて、このプロジェクトのコンサートがアニドウの主催により行われます。
詳細はLIVEの予定にてご覧ください。


【補足3】
今回のレコーディングの裏舞台を、一つ前のログでご紹介しています。
Coming Soon!一粒のちからプロジェクト第6弾「九十九里大漁木遣り唄」


【追記】(2015.11.30~)
● 温かなメッセージをたくさん頂きまして、2015年秋、CDアルバムの形にしました。
 詳細はこちら

● アレンジ(和声付け)について、少し言葉にしました。
伝承と創出のあわいに

● 当プロジェクトのwebsiteを作りました。(12/20)
 awaibito.com


by りき哉


« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

カテゴリー