フォト

« 5管でBig Bandのように、そしてもう一曲 | トップページ | (ライブ後記追記しました)震災から1年/復興願ライブ »

2012年2月 4日 (土)

忘我

Bw135film110312_0036


自由に一つの模様を描いて、それが美しいかどうか、眺めて眺めて眺め尽くす。見る角度や高さや当てる光を変えてみたりして、あらゆるモノサシを当てて、本当にそれがベストかどうか、とことん考える。直感で瞬時に確信が持てることもあるけど、大抵は悩み抜いた先に答えが見つかる。その積み重ね。

奥深い細部に入り込んでいって、緻密にそれを編み、少し離れてその周辺を眺め、さらに離れて全体を眺め、そして再び細部に入る、ということの繰り返しが昼夜と続くと、三日目くらいから覚醒と昏迷が複雑にミックスされたような、夢と現の間を漂っているかのような感覚に包まれる。ひょっとして、これを「トリップしている」と言うのではないだろうか。

スコアを書き上げて地下スタジオから出る。もはや、何もかも懐かしい。

このフワフワした意識の中では、冷蔵庫のコンプレッサーの音も、外を走る原チャリの音も、すべて音楽に聴こえる。とても静かだ。

(2012年1月下旬の呟きより)


トップの写真:クラゲ
PENTAX LX+planar 50/1.4+400TMAX(self development)



by りき哉

« 5管でBig Bandのように、そしてもう一曲 | トップページ | (ライブ後記追記しました)震災から1年/復興願ライブ »

1: 随想録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忘我:

« 5管でBig Bandのように、そしてもう一曲 | トップページ | (ライブ後記追記しました)震災から1年/復興願ライブ »

カテゴリー