フォト

« 2012初春のライブ後記と告知 | トップページ | 5管でBig Bandのように、そしてもう一曲 »

2012年1月27日 (金)

己の為すべきことを自ら探す力/調草子 kaori-ne ライブ後記

Img_0411


2012年新春の「調草子 kaori-ne」ライブは大入り&大盛り上がりのうちに終了しました。

実は、今回は尺八の佐藤錦水がインフルエンザのため急遽欠場し、本番は唄とギターとパーカッションとピアノという4人編成となりました。

そういう事情で、私は久しぶりにピアノとピアニカ同時プレイも。

誰が欠けても成立しないユニットに於いて一人が病欠というハプニングを抱えたライブであったけど、何事も、機に臨み変に応じるべしと。そういうことが難なく自然にやれてしまうこのメンバーが集まっていることの妙を思う一晩でした。

今回、改めて感じたことを、備忘のため以下に記します。


音楽を演奏する上で最も大切なこと。

それは、もちろんその場その時によって様々ではあるだろう。
ホテルのラウンジで弾く時と結婚披露宴で弾く時でも違うし、レコーディングの場とライブの場ではもっと違う。
そして、音楽自体の持つ器の大きさや方法論によっても違う。

楽器の演奏技術、和声や旋律を聴き取る能力、リズムやグルーヴを出す力、音楽の理論や語彙や語法や定石に関する知識と経験、想像力や柔軟性、柔軟性と一見相反するように見える確固たる審美眼、そして何よりも、「いい音楽を作ろう」という気持ちや、他者への思いやり。

こういったことを挙げていけばキリがないし、上に挙げたことのうちの一つについてすら、三日三晩語っても終わるものではない。そもそも、その切り口の次元が無限にある。

でも敢えて断言しよう。
他者と一緒に音楽を演奏する上で最も大切なこと。
それは、「音楽全体を見渡し、自ら己の為すべき事を常に探しつつ、瞬発的に応じていく力」であると。

そして、その中でも特に大切なのが、「己の為すべきことを自ら探す力」であると思う。

「与えられたことをすごく上手にやる力はあるけど、『音楽全体を見渡し、自ら己の為すべき事を常に探しつつ、瞬発的に応じていく力』はない」という人が共演者の中に一人でもいると、アンサンブル全体としての生命力に富む発展性は大きく閉ざされてしまう。

だから、クリエイティブなユニットであるためには、メンバー個々がその力を備えている必要があるし、そういうメンバーと共に音楽を即興的に作ることができるのは、何よりも嬉しく楽しいことだ。


以上、備忘録として。


今回、ピアノのアドリブソロで、客席からの凄い熱い声援につい調子に乗り過ぎて野獣のように弾きまくってたらもう勢いが止まらなくなってしまった、まだまだ子供な私。(もっと大人になれる日は来るのか?)

PA(音響操作)して下さった方が「久しぶりに、ピアノ本体が動くプレイを観ました」と。(ちなみにグランドピアノですが)
声援の力は大きい。


お越し下さった皆さま、お囃子を掛けてくださった(客席の民謡のプロの)方々、本当にどうもありがとうございました!
今後の「調草子 kaori-ne」の発展に、乞うご期待!


トップの写真は本番前のステージの様子。
ピアノの上にはピアニカがセットしてあります。


そしてライブ終えての集合写真は顔が白トビしてしまっているので小さく。
(いずれも iPhone 4s で撮影)

Img_0412_2


ライブ・データ

2012年1月26日(木)
調草子 Kaori-ne 新春ライブ

尺八・篠笛 / 佐藤錦水(無念の病欠のため、自宅より気持ちだけ参加)
うた / 木津かおり(急遽、篠笛も)
guitar / 内田充
piano / 中村力哉
percussion / 海沼正利

於:四谷「メビウス」


当ユニット初回ライブのログがこちら。
調草子 Kaori-ne 結成記念ライブ!
調草子 Kaori-ne ライブ後記


by りき哉


« 2012初春のライブ後記と告知 | トップページ | 5管でBig Bandのように、そしてもう一曲 »

3 : Information」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/501669/43890040

この記事へのトラックバック一覧です: 己の為すべきことを自ら探す力/調草子 kaori-ne ライブ後記:

« 2012初春のライブ後記と告知 | トップページ | 5管でBig Bandのように、そしてもう一曲 »