フォト

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月27日 (日)

ピアノで織りなす青森県民謡「南部餅つき唄」

「一粒のちから(東北地方の民謡に和声を付けることで復興の力になれたらうれしい)プロジェクト」の第五弾です。
復興を祈る私たち一人一人の想いに、この音楽が少しでも寄り添うことができたなら幸いです。

日本の民謡はもともと和声(という概念)を持たない音楽ですが、そこにピアノによるハーモニーを加え、新たな解釈とともにアレンジ・演奏しました。

「南部餅つき唄」は、下北半島に伝わる古い踊り唄で、正月行事が発祥と言われています。
現在でも、県内のお祝いの席では祝舞として、必ずこの踊りが演じられるそうです。

これから年末、そして新年を迎える時節だということもあって、今回はこの唄を取り上げてみました。
餅米を蒸すところから始まり、杵で捏ね、そして威勢良くつきあげていく一連の流れをイメージしてアレンジ&演奏しました。
エンディングに向かって元気よく盛り上がっていきます。

青森県民謡「南部餅つき唄」

奥州 サーハーエ
奥州南部の 大畑なれや
出船入船 繁華の港
陸(おか)は豊年 みずほの宝
(ハ イヤコラ ハイハイ)

揃た揃たよ 餅つきァ揃た
秋の出穂より 色はよく揃た
※ヨイヨホホイヨイ ヨホホーヨーイトナー
ヨイハヨイコノ舞を舞うて
よせてよせたら ヨホノホイヨホホイノホイ

臼もあたらし 餅つきゃ若い
赤いたすきに はちまきを締めて
※繰り返し

ツケタカ ツケネカ ツケタカナ
サットシアガレ ユンガオメ
サットシアガレ カンボチャメ
トコサッサ コラサノサ

ついたお供え 神々さまへ
家内揃うて 笑い顔揃うた
※繰り返し

[歌詞についての補足]
「よいはよいこの」は現在広く浸透している歌詞ですが、本来は「よいはよいとの」で、この「と」は「人」という意味だそうです。


この地で育まれてきた唄を後世へ伝えていくこと。
その力のささやかな一粒になれればと願っています。

この動画の演奏者
 美鵬成る駒: 唄・太鼓・当り鉦・チャッパ・鈴
 佐藤錦水 : 篠笛・唄囃子
 中村力哉 : 和声付け・ピアノ・タブラ(バヤン)・カシシ・唄囃子

 2011年11月12日 東京 Hocola Studio にて録音


ちなみに動画の絵は、この音楽のバックグラウンド画として描き、パソコンでレタッチしたものです。
「気は心」ということで・・。
(原画:2011年11月24日 26×34cm クレヨン)

by りき哉




[追記]

当プロジェクトの唄を、以下にまとめてあります。

ピアノで織りなす東北民謡~Pray for Japan~

その他の公開済みの唄
Pray for Japan ピアノで織りなす福島県民謡「相馬二遍返し」
Pray for Japan ピアノで織りなす宮城県民謡「十三浜甚句」
Pray for Japan ピアノで織りなす茨城県民謡「網のし唄」
Pray for Japan ピアノで織りなす岩手県民謡「釜石浜唄」


【追記】(2015.11.30~)
● 温かなメッセージをたくさん頂きまして、2015年秋、CDアルバムの形にしました。
 詳細はこちら

● アレンジ(和声付け)について、少し言葉にしました。
伝承と創出のあわいに

● 当プロジェクトのwebsiteを作りました。(12/20)
 awaibito.com


by りき哉

2011年11月12日 (土)

Rikiya Nakamura Piano Free Improvisation 080527

これは以前ここにアップした音源なのですが、「一粒のちからプロジェクト」をYouTubeに公開するにあたって、動画の編集もYouTubeへのアップロードも経験なかった私は、その練習と実験を兼ねて、こんな動画を作ってみたのでした。

これで要領を確認して、一連の「ピアノで織りなす東北民謡」をアップロードできた次第です。
(3月の「朧月夜」ソロピアノは友人にアップロードしてもらいました)

というわけなので、せっかく作ったので改めてここにお知らせしておきますね。

Free Improvisation Rikisac080527 #1~#4
2008年5月27日 東京 Hocola studio における録音
piano 中村力哉

一切何も決めずに弾いた、ピアノ・フリー・インプロビゼーションです。

ログ「音楽を深く感じるために」でアップした音源に、映像を付けてみたものです。

この映像が何なのか、ここでは内緒にしておきます。
(YouTubeの動画説明文にはタネ明かししてあるのですけど)

以下、そのログの全文も転載しておきます。

あ、そうそう、その前に・・。
今日(11/12)は「一粒のちからプロジェクト」の第5弾・青森県民謡「南部餅つき唄」レコーディングしました。
近日web公開予定です。乞うご期待!



以下ちょっと長文なので、お時間のある時にどうぞ。
(2008年6月2日のログより転載)

↓↓↓↓↓

音楽を深く感じるために

いっさい何も決めずに、心を静めて、まず最初の音を出す。
「最初の音」は、単音でも良いし、和音(重音)でも、旋律でも、リズム(の断片)でも良い。

但し、これから始まる音楽について、何も予定しないように注意しなくてはいけない。
最初の音を弾く瞬間まで調性(キー)も決めないし、そもそも調性があるかないかも決めない。
音楽に抑揚や変化を持たせるか(例えば最初は静かに始めてだんだん盛り上げていくとか)、そういう「話の流れ」みたいなことも予定しない。
風景なり感情なり、何かを表現しようという目標も持たない。

これから一体どんな音楽が生まれるのか自分自身でもまったく未知である、という白紙状態で始めるのである。
唯一のルールは、音楽として始まりと終わりがある、ということ。
いつの間にか始まって何となく終わるのではなくて、始まりの瞬間と終わりの瞬間を「明確に」持つ、ということ。

そう思って、さあいざピアノを弾こうとすると、最初の音をどうするかという葛藤がまず生まれる。
鍵盤は88ある。組み合わせを考えれば、選択肢は無限にある。
組み合わせを考えずに最初は単音と限定してみても、その一音を弾く強さ(音色)の可能性はやはり無限にある。
さて、何を弾こうか。

でもとにかく、まず静寂に耳を澄まし、ある瞬間にフッと決断して手を鍵盤に下ろしてみるのだ。
そして放たれた響きに耳を澄まし、次に弾くべき音、あるいは取るべき間を感じとれたら、それを続けていく。
大切なことは、雑念を持たずに意識を音楽の奥深くに集中することだけである。

身に染みついている音楽理論や慣習にとらわれたり、ましてやそれに頼ったりしようとすると、たちまち真の音楽に対する集中力は途絶え、明確な終わりの瞬間まで音楽を続けることは決してできない。
ちょっと油断すると、左手が何かのコードを安易に押さえてしまったりして、そうするともうその一瞬で自分の気持ちが萎えてしまうのだ。
音楽がそれまでの必然的なエネルギーの流れを失ってしまったことを、自分が明確に感じとるからである。
(まるで、素直な心を持っている間は魔法が使えたのに、傲慢な心を持った途端にその力を失ってしまった、というおとぎ話みたいだ。)
常にその瞬間瞬間に耳を澄まし、何にもとらわれることなく自分をオープンに保つことができれば、やがて終わるべき瞬間を、まさにその瞬間に感じとることができる。

いわゆる「フリー・ジャズ」のイメージとは、たぶん少し違うだろう。
「フリー」というカテゴリーが示す多くの音楽も、言ってみれば一つの方法論であり、一つのコンセプトだ。
既知のフォームなりメロディーなり、あるいは何らかの概念から離れようとすることは、それはそれで一つのベクトルを持つことになる。

いまここでやろうとしていることは、その刹那刹那に耳を澄ます、ということであって、それだけである。
だから、最初にある種のベクトルを設定することもしない。
結果として音楽が、ありふれた平凡なもの(例えばごく普通のコード進行を持ったポップスのようなもの)になっても構わない。
何か新しい視点を獲得したものであったり、既成概念に異を唱えたりするものである必要は何もない。
それに、技術的に高度なものである必要もない。
あとからそれを譜面に起こしてみたらまるで楽器の初心者でも弾けるような、簡単でシンプルな音楽になっても良い。
きたない音楽になっても良いし、美しい音楽になっても良い。

自分がその瞬間を深く感じとって、それに従ってリアルタイムに完結させた音楽であれば、そういう自覚に確信が持てれば、結果はすべて受け入れる。

というような考えのもとにやってみたソロ・パフォーマンスの録音がこれである。

ファイルは一つだが、この中に4テイクのインプロビゼーションが含まれている。
この4テイクはほんの20分ほどの間に立て続けに弾いた録音なので、全体としてひとつの共通するムードみたいなものが感じられる、ように思う。
ピアノの調律は大分バランス悪いが、それも含んだ上での自由即興演奏である。

日頃、私の仕事フィールドでは「即興で完全に無制約で音楽をクリエイトする」ということは基本的にはない。
「アドリブ」と言っても、かならず何かしらの制約、言い換えれば「沿うべきガイドライン」がある。
テンポとかコード進行など音楽の構造上の制約・ガイドラインもあるし、TPO上の制約(たとえばホテルのラウンジで演奏する場合の求められる節度とか)がある場合もある。(ラウンジのソロピアノで肘打ちする時は極めてソフトに美しく響かせ、お客さまがびっくりしないよう心がけている。)
私が参加しているバンドのひとつ「BANDO-BAND」のライブでは、アストル・ピアソラの「ロコへのバラード」を演奏する際、そのイントロでピアノのフリーソロを任せられる。
しかしそこでは「暑い炎天下のブエノスアイレスの町中、頭にメロンの皮をかぶった気の狂った男がフラフラと歩いてくる様子」を描写するというガイドラインがあるし、そのフリーソロの終わりはイ短調で3拍子を提示してテーマへの導入を果たす、ということが予定されている。(でもそれ以外にはフリーなので、極めて高い集中力とモチベーションを必要とする。)

ガイドラインに沿うことは「それに如何に沿うか、どう美しく沿うか(または如何に外れるか)」という難しさ、奥深さがあるが、道や方角が示されているという点では安心感があり、ラクチンだという面がある。
それは裏を返せば、例えばコード進行やリズムをはじめとする何らかの制約・ガイドライン・手がかりがある音楽は、それに上手に沿うことができただけで一定の達成感を得てしまい、真に耳を澄ましていなくてもそれなりに形になってしまう危険性を孕んでいる、ということでもある。
小手先だけの音楽にならないように日々気をつけなくてはいけない。
(・・と自分を戒めているのである。)

完全に自由なインプロビゼーションでは、本当に意識が研ぎ澄まされていないとまったく形にすることができない。
集中せず意識が高まっていない状態でテキトーに自由にやろうとしても、それこそすぐにバカバカしくてそれを続けられなくなってしまうだろう。それは自分の出した音に何の必然性も感じられないからである。
「自由に」と言っても、「何でもアリで、テキトーにやればいい」というのではない。正反対である。
一切の制約も目的も設けずに、自分自身のアンテナをフル稼働してその空間と瞬間をキャッチしながら、あくまでも自然体でその入力に瞬時に反応していくというプロセスは、簡単なようで意外と難しい。

だから、こういうこと(無制約の即興演奏)を試してみることは、私にとって意味のある訓練になる。
実際、これを毎日いつでもパッとできるかというと、意外となかなかできないものである。
その証拠に、ここにアップした録音は数日前のものであるが、今日またやろうとしても、どうしても集中力が高まらず何もクリエイトできなかった・・。
そしてそれは、べつにぜんぜん珍しいことではない。
ひとえに、私に精神修行が足りない故であろう。
ともかく、あせらず、マイペースで精進すべし、と。

そういうわけで、録音はその時の一期一会のパフォーマンスとして日記に残しておく。
パフォーマンスのクオリティはともかくとして、本当に白紙状態から一瞬先は未知という状態で弾いているので、録音を聞き返してみると自分でも「ほほう、そう来たか、面白いね」というふうに他人事のように聴けて、けっこう楽しめる。

ところで、つい先日のログ(新郎当てクイズのピアニスト版)では「テキトーに構えることの大切さ」について考察したばかりだが、たぶん、大局においてはテキトーに、細部すなわち一瞬一瞬のできごとには極限まで意識を研ぎすます、という姿勢が大切なのではないか。
と、今思った。

(以上、ログ「音楽を深く感じるために」より全文転載)

これの関連ログ(2010年6月10日)もご紹介しておきます。
自由さの濃淡(今回の映像の説明は、このログ内でもしてました)


by りき哉



記事へコメントくださる方へ

2011年11月 6日 (日)

コレクターは何をコレクションしたのか

Bw135film101222_0017


現代アート(美術)をコレクションする悦楽について書いたコラムを、新聞で読んだ。

「コレクターの端くれ」を自認するその筆者は、以前にボーナス全額を注ぎ込んで、あこがれの(既に著名な)アーティストの作品を買ったそうである。そして、あこがれのアーティストの作品が、がんばれば自分でも買えた、ということに感動し、以来、手が届く若手の作品を買うようになったそうだ。

そこまでは何気なく読んでいたのだが、その先の文章で驚いた。
「しかし、買ってはみたものの、その若手は鳴かず飛ばずのまま、どこかへ消えてしまったりすることも。作品だけがさびしく残され、コレクターとして審美眼がなかったのかと悩んでしまう」

えっ・・?
ああ、そうか、つまりこの人は、自分が本当に感じたから買ったのではないのだ。将来その作家が有名になるだろうと踏んで、(世間的な)価値が上がることを見込んで買っているのである。
だから、作家が有名になればその買い物は「成功」だし、そうでなければ「失敗」であって、その作品は「ゴミ」になる。
(コラム文中で「失敗」とか「ゴミ」と表現していた)

もちろん、ビジネスとして考えるなら、先物買いという行為は当たり前のことであり、それで良い。

しかし、アートを見たり感じたりすることに主眼をおくならば、この筆者のしていることはそれとは全く相容れない。
最初のボーナスでがんばって「あこがれのアーティストの作品」を買ったときも、あこがれていたのはそのアーティストにでも作品にでもなく、そのアーティストなり作品なりの世間的評判に対してであり、だから己の得た「感動」も「悦楽」も、それは単に、高嶺の花と思っていた高級ブランド品を自力で買えた、という子供じみた自己満足レベルのものでしかなかったに違いない。

世間一般で評価されることと、自分自身が感じることと、どちらを信じるのか。どちらを大切にするのか。
美しいか美しくないか、その判断を自ら放棄し他人に委ね、果たしてそれでその人は「生きている」と言えるのだろうか。

「生きる」とは、自分自身が何かを感じる、ということであると思う。



トップの写真
PENTAX LX+planar 50/1.4+400TMAX(self development)

by りき哉



記事へコメントくださる方へ

2011年11月 4日 (金)

bando-bandライブ後記:藤野町のカフェレストランShu

Imgp3641_2

神奈川県の藤野町は、前々から憧れている場所でした。
陶芸・彫刻・音楽などなど、いろいろな世界のアーティストが多く住んでいて、都心からわずか1時間ほどなのに、異次元的な豊かな自然。

そして、カフェレストランShuは期待した通り、それはそれは本当に素敵な空間でした。
アコースティックな音楽にぴったり。
ピアノはヤマハのC3です。
部屋の響きがとても良く、今回は(PA設備はありましたが使わずに)完全ナマ音でやりました。

満員御礼!アンコールを2回も頂く盛り上がりと一体感に至福の喜び。
お越しくださった皆さま、どうもありがとうございました!

トップの写真はリハーサルの様子。
PENTAX K200 + DA35mm/F2.8 Macro

そして、Shuさんがこのライブのことを、何ともアーティスティックなブログ記事にしてくださっています。
美しすぎる数々の写真!詩のように紡がれる言葉!スバラシイ!
これは必見かと。

cafe Restaurant Shu's News「Bando band ライブ ありがとうございました


料理もすごくおいしいのです。
相模湖辺りへ行かれる際には、食事にぜひお勧めです。


今回のライブデータ

2011年10月30日(日)
bando-band LIVE!

bandoneon  大久保かおり
piano      中村力哉
bass     マーク・トゥリアン
percussion  浜野律哉

場所:藤野 cafe restaurant Shu


さて、bando-bandライブの次回は

2011年11月14日(月)中目黒 楽屋にて。

詳細はこちら。
2011年の秋、3つのbando-bandライブ

by りき哉

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

カテゴリー