フォト

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月20日 (月)

梅雨空への呟きより

Bw135film110307_0018_4


東京は梅雨まっただ中です。
3.11からは100日を過ぎました。

二つ前のログで予告した話は、すみません・・まだなのですが、最近のつぶやきからピックアップしたものを転記してみました。

以下、箇条書きにて。

----------------------------------------------------

「節電に協力するため通常の8割程度の本数で運転しています」というアナウンスに、まるで誰か他人のために協力するかのような口調だ・・と嫌悪を覚えたのは私の過剰反応だろうか、と悩みながら電車を下りた。
受験勉強でもダイエットでも、自己実現への自身の努力を「協力する」とは言わないだろう。

ある事柄を、我が事として捉えられるか、他人事として捉えるか。人(企業)としてのありようは、そういう所に現れる。
その姿勢は、ミュージシャンであれば楽器を通して演奏にも滲み出る・・というよりも、それこそがその人の音楽になる。

いま日本で暮らす私たちにとって節電は「自分が受験勉強するのと同じくらい自分自身にとっての事柄なのだ」と一人一人が実感できなければ、この社会が前進することは難しい。
ちなみに「節電」というキーワードは節電そのものだけでなく様々な事柄を代表している、ということは言うまでもない。


「ステテコが売れまくり」(http://bit.ly/mTNlY7)という記事冒頭の「大幅な電力不足と冷房自粛で、今年はこれまで経験したことのない“暑い夏”がやってきそうだ」という他愛ない枕に首を傾げる。
「これまで経験したことない」って、ちょっと前まで(私が子供だったころはまだ)冷房のないことが当たり前だったのになぁと。


「反原発派の多くは密かに原発事故を望んでいただろう。自分の主張の証明になるからだ。私も電力不足で大停電が起きることを望んでいる」と言う人も居て呆れたが、「社会へ貢献したい」という動機が根底になければ「議論の為の議論」にしかならない。
いったい何を誰と戦っているのか。


今の豊かな電気生活の中で、「真夏にセーターを着込まないと寒くなるほどに冷房を効かす事などを一例とした私たちの習慣・価値観自体を見直してみましょう」という辺りは皆で共感できる筈、と私は希望を持ってもいますが、果たして如何に。


5歳の息子が今しがた玄関を出るときに母親に話しかけた「ねえ、階段で行こ。階段は呼ばなくてもいつでもあるから、エレベーターより早いよね〜」という言葉に、何かとても大切なことが含意されているような気がした。
気のせいだろうか?


以上、最近(5月以降)のメモ書きより一部抜粋。


Bw135film110507_0014


写真 1枚目:2011年3月7日
  2枚目:2011年5月7日
PENTAX LX+planar 50/1.4+400TMAX(self development)


text & photo by りき哉


「東北地方の民謡に和声を付けることで復興の力になれたらうれしいプロジェクト」(仮名称)シリーズ第一弾
ピアノで織りなす福島県民謡「相馬二遍返し」

「東北地方の民謡に和声を付けることで復興の力になれたらうれしいプロジェクト」(仮名称)シリーズ第二弾
ピアノで織りなす宮城県民謡「十三浜甚句」

震災直後に祈りを込めて弾いた「朧月夜」
今できること (朧月夜/ソロピアノ)



記事へコメントくださる方へ

2011年6月 8日 (水)

ピアノで織りなす宮城県民謡「十三浜甚句」

「東北地方の民謡に和声を付けることで復興の力になれたらうれしいプロジェクト」(仮名称)の第二弾です。

消えてしまった風景を呼び戻すために。
復興を祈る私たち一人一人の想いに、この音楽が少しでも寄り添うことができたなら幸いです。

日本の民謡はもともと和声(という概念)を持たない単旋律ですが、そこにピアノによるハーモニーを加え、受け継いできた伝統と文化を大切にしながら、新たな解釈とともにアレンジ・演奏しました。


「十三浜甚句」は宮城県石巻市の十三浜地方に伝わる唄です。
漁師たちの酒席の騒ぎ唄として唄われてきました。


宮城県民謡「十三浜甚句」

ソリャ 一つ歌うちゃ ハァ 遠慮もするが
歌い始まりゃ オヤサ 幕ひかぬ

ソリャ なんと吹く風 ハァ 昨日今日で二日
明日の入り船 オヤサ 気にかかる

ソリャ そばにも寄られぬ ハァ バラ株さえも
さわりたいよな オヤサ 花が咲く

ソリャ 一つ歌います ハァ 十三浜甚句
地なし節なし オヤサ ところ節

以上がこの動画で唄っている歌詞ですが、もう一つ歌詞をご紹介しておきます。

ソリャ 浜でなんだれ ハァ 手拭帯に
いつも大漁か オヤサ 締めどおし


動画に貼った写真は十三浜の海の風景です。

写真はこの動画作成にあたり、北上町十三浜の隣町、南三陸町にお住まいの佐藤秀昭氏から快くご提供いただきました。
「十三浜は北上川の河口でもあり、私の大好きな風景が広がる良い所です。海から川へと織りなす美しい風景は誰しもの心を安堵感へと導きます」と、佐藤氏はメールで語ってくださいました。
「しかしこの震災ですべてが消えてしまいました」とも。

佐藤氏はご家族とともに幸運にも生き延びることができました。
震災後も更新している佐藤氏のブログをご紹介します。
南三陸 海 山 川!

そして震災後に初めて投稿された4月15日のログもご紹介しておきます。
http://blog.goo.ne.jp/hiderinn_s/m/201104/1


故郷を想う気持ちは、未来へ向かう私たちの大きな力になると信じています。
この地で育まれてきた唄を後世へ伝えていくこと。
その力のささやかな一粒になれればと願っています。


この動画の演奏者
 美鵬成る駒(唄・三味線・当り鉦)
 佐藤公美 (太鼓・唄囃子)
 佐藤錦水 (尺八)
 中村力哉 (和声付け・編曲・ピアノ・ローズピアノ・タブラ・カシシ等)

2011年5月 東京 Hocola Studio にて録音


次回は茨城県の民謡「網のし唄」をお届けしようと思っています。


このシリーズの第一弾
ピアノで織りなす福島県民謡「相馬二遍返し」

シリーズ第三弾
ピアノで織りなす茨城県民謡「網のし唄」

震災直後に祈りを込めて弾いた「朧月夜」
今できること (朧月夜/ソロピアノ)


【追記】(2015.11.30~)
● 温かなメッセージをたくさん頂きまして、2015年秋、CDアルバムの形にしました。
 詳細はこちら

● アレンジ(和声付け)について、少し言葉にしました。
伝承と創出のあわいに

● 当プロジェクトのwebsiteを作りました。(12/20)
 awaibito.com


by りき哉



記事へコメントくださる方へ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

カテゴリー