フォト

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月24日 (火)

相馬二遍返し (ピアノで織りなす福島県民謡)

Bw135film110312_0022


東北地方を襲った地震と津波により、一瞬にして奪われた多くの命。
そして福島県の原発事故により奪われようとしているその土地と、そこに根差してきた文化・風習。


故郷を想う気持ちは、未来へ向かう私たちの大きな力になると信じています。
土着に育まれてきた唄を後世へ伝えていくこと。
その力のささやかな一粒になれればと願っています。

日本の民謡はもともと和声(という概念)を持たない音楽ですが、そこにピアノによるハーモニーを加え、受け継いできた伝統と文化を大切にしながら、新たな解釈とともにアレンジ・演奏しました。


福島県民謡「相馬二遍返し」

(ハア イッサイコレワイ パラットセ)
二遍返しで 済まないならば
お国自慢の 流れ山

伊達と相馬の境の桜
花は相馬で 実は伊達に

相馬相馬と 木萱もなびく
なびく木萱に 花が咲く

駒に跨り 両手に手綱
野馬追い帰りの 程のよさ
(ハア イッサイコレワイ パラットセ
ハア 大難沖まで パラットセ)

以上は、この演奏で唄っている歌詞です。
(他にもいろいろな歌詞があります)

相馬藩は天明の大飢饉(1782〜1788年)では人口の三分の二を失い、復興には人口の回復が必要であったため、藩主は越後、越中、加賀(今の新潟・北陸地方)に家臣をつかわして、相馬へ移民を募りました。
その数は五千人を超えたと言われているそうです。
この唄はその時、相馬を誉めたたえる宣伝歌として唄われたとも伝えられています。



「3.11」以降のいま日本で暮らす私たち一人一人の想いに、この音楽が少しでも寄り添うことができたなら幸いです。


この動画の演奏者
 美鵬成る駒(唄・太鼓)
 佐藤公美 (唄囃子)
 佐藤錦水 (尺八)
 中村力哉 (和声付け・編曲・ピアノ)

2011年5月12日
東京 Hocola Studio にて録音



【追記】
6/8第二弾をアップしました。
ピアノで織りなす宮城県民謡「十三浜甚句」

7/8第三弾をアップしました。
ピアノで織りなす茨城県民謡「網のし唄」

更にその後、第四弾(岩手県民謡「釜石浜唄」)、第五弾(青森県民謡「南部餅つき唄」)とアップしましたものを、YouTube上のここにまとめてあります。
一粒のちから:ピアノで織りなす東北民謡


【追記】(2015.11.30~)
● 温かなメッセージをたくさん頂きまして、2015年秋、CDアルバムの形にしました。
 詳細はこちら

● アレンジ(和声付け)について、少し言葉にしました。
伝承と創出のあわいに

● 当プロジェクトのwebsiteを作りました。(12/20)
 awaibito.com



by りき哉

記事へコメントくださる方へ

2011年5月 4日 (水)

魔法などはなく、言葉が一陣の風となる〜持続可能エネルギーへ

今は2011年の春。

ほんの少し前までは、携帯電話もインターネットもなかった。
私が子供のころはクーラーは余程の裕福な家にしかなく、電車やバスで冷房車に遭遇することは滅多にない幸運なことだった。
「セブンイレブン」という名のコンビニエンス・ストアが日本に登場したときには、朝7時から夜11時まで営業していることに驚嘆した。

便利さに慣れてしまうと、それがない生活なんて成立し得ないように感じてしまう。
いつの時代もそれが普通だったのだけどなぁ、としみじみ思ったりする今日この頃。

震災・原発事故発生から50日を過ぎ、もう五月、新緑の季節だ。
福島では懸命の作業が続いている。

今回の一大事により私たちの価値観が根底から揺らぎ、しかしこのゆらぎは世界がより良くなる方向に作用するのではないかという予感を、私は「希望」と書いた。
一方、これほどの一大事を経験してもなお頑に何も変わるまいとする風潮の雲行きを、私は「絶望」と書いた。

メディアやネット上には、さまざまな立場からの情報や見解が溢れている。

エネルギー問題について考えることは、世の中のあらゆる事象を考えることになる。
物事を測るモノサシは無数にあり、どこまで広い視野を持てるか、ある事柄をどこまで深く理解できるか、そのことを思うと気が遠くなるほどだ。
すべては複雑に絡み合い、一言で明快に表せる解などあろうはずもないが、私たちの社会全体が進もうとする方向は自らの意思で選び取っていかなくてはいけないと思う。

メディアやネット上での様々な議論を見ていて、ひとつ残念で勿体ないと思うのは、「反原発派」や「推進派」といった言葉の定義が曖昧であるがために、とても不毛な言葉の投げ合いが繰り返されていることだ。
「あなたは原発に賛成か反対か」と問う世論調査に答えようとするとき、この定義の曖昧さはどれくらい配慮されているのだろうか。

「脱原発社会を目指そう」という声に異を唱える人たちがいる。
その中には利権を享受したいなどの個人的な理由で発言している人たちが含まれていることはさておき、彼らの主張は、何らかの根拠を示した上で「だから今の時点では原発は必要」というものであることが多い。
「今の時点では」という条件付きで原発推進を語るのであれば、「今」の意味するところが「今後10年」であれ「今後100年」であれ、それは「いずれ条件が整えば原発を廃止するに越したことはない」ということであろう。
それは「長期的には脱原発を目指したい」ということであり、批判の対象としている「反原発派」の主張と同じである。

「推進・現状維持」派とは「原発への依存度をより増やすべき、あるいは経年による廃炉と同数だけ新たに建設し続けて現状を維持すべきで、持続可能エネルギーへシフトする努力は一切無用」という立場であり、一方「エネルギーシフトの努力をしていこう」という立場はそのロードマップの違いに関わらず皆「反原発」派である、という定義付けの下に私自身は反原発派を標榜し、言葉を発している。
「推進」「現状維持」「反原発・脱原発」という言葉は、字義通りにとらえればそういう位置づけになるだろう。

「反・反原発派」が「反原発派」へ向ける、「代替案を示せ」「自然エネルギーはまだ原発の代用となるレベルではない」という批判は、何の意味も持たない。
太陽エネルギーや風力といった自然エネルギーの可能性を伝える研究データは多く目にすることができるが、もしそれが誤りで実際にはまだ代替エネルギーとなり得ないのだとしたら、「ではその研究開発を加速させましょう、あらゆる可能性を探るべく政治で予算作りや法整備などをして、皆の英知を結集していきましょう」という主張を、私を含む多くの「反原発派」はしているのだ。
経済や国際関係や技術的課題など、さまざまなバランスの考量を疎かにして良い、などということは誰も言っていない。

つまり、実は目標を共有している二者が、片や「反原発派」を名乗り、片や「推進派」を名乗り、同じことを別のことばで言い合っている議論が多いのではないだろうか。

このすれ違いは、「脱原発をどうやって実現するか」という本筋が論じられる前に問題を停滞させてしまう負の力として作用する。
この言葉の解釈をめぐる混乱が、意図的に利用されることで印象操作として機能している蓋然性に、私たちは注意する必要がある。

「過剰反応だ」「文明の放棄につながる」「石器時代に戻るつもりか」「今回の事故で放射線による死者はでていない」「飛行機や車の方が死亡事故は多くて危険」「今すぐ止めても危険がすぐなくなるわけではない」といった的外れな投げかけをすることで、「反・反原発」を唱える人たちはいったい何を守ろうとしているのだろうか。
その言動が、いったいどんな貢献を果たすのだろうか。
原発によって利権を享受する特別な立場にいるわけでなく、時間のスパンをどう取るにしろ持続可能エネルギーへシフトする努力をする心づもりがあるなら、「脱原発へ向けて舵を切ろう」という声に釘を刺す言葉は無用である。

社会が大きく前進しようとするときに、一人一人の声は小さくともその声を上げて集めて行くことは必要であり、そのためにデモという表現も大きな意義があるし、その中に少数の極論があったとしても、それを指差していちいち重箱の隅をつつくことは建設的な態度ではない。

唯一、原発を推進する意見に一理を見出せるとしたら、それは「原子力というテクノロジーの可能性を求め続けたい」という、人類の本性ともいうべき純粋な「飽くなき知への探究心」による動機であると思う。
しかし、使用済燃料の今後長い年月に渡る管理のためにも、いずれにしろ原子力の研究自体は継続する必要があるはずだ。
問題は、原子力を生活のエネルギーとして使うことは今現在の私たちの科学知識・技術ではどうやら時期尚早であろう、ということである。
今の私たちは、通常の運転で出る放射性廃棄物の片付け方もわからないまま、それを後世へ丸投げすることしかできない。
このことをどう感じるのか、倫理が問われているのだと思う。

そして今、持続可能なエネルギーへの意欲的な取り組みとともに、更にもっと根源的に突きつけらている課題は、社会全体として便利さと目先の経済発展を第一義に据え続けてきた姿勢を省みることなのだと思う。
その反省を「科学技術の進歩を沈滞させることだ」と看做すのは妥当でない。

どちらが前向きなのか。
他者への共感と信頼に立った道はどちらなのか。
実現の難しさを語るとき、その根拠を支える前提自体を疑ってみる必要があるのではないだろうか。
必要な量だけ発電しようとすれば、その「必要な量」は際限なく増していく。
「得られる電力でどう暮らすか」を工夫することに社会的リソースを注ぐと、私たちの感性はどんな風に広がっていくだろう。

一挙解決の魔法があるのではなく、一人一人のささやかな意識と言動が、エネルギー問題という社会の根幹をドライブしていくのだ。

私は、どんなにささやかであろうと、生身の声を発していくことが一陣の風になるのだと信じる。



Bw135film101025_0018


Bw135film110109_0004


Bw135film110402_0024

   写真3枚組 「太陽の恵み」

    1,3:PENTAX LX+planar 50/1.4+400TMAX(self development)
     2:PENTAX LX+smc M50/1.4+400TX(self development)


text & photo by りき哉



記事へコメントくださる方へ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

カテゴリー