フォト

« 今できること (朧月夜/ソロピアノ) | トップページ | 絶望と決意(さよなら原発) »

2011年3月26日 (土)

震災から2週間を経て思うこと

大震災から2週間が経った。

この大震災、そして恐らくそれ以上に原発事故によって、私たち一人一人の価値観が大きく変化しようとしていることを感じている。
もちろん、自分自身の中にもまだ言葉にできない変化や深化が、息苦しいほどに確かにある。
そして長いスパンで見れば、その価値観変化は世界がより良くなる方向に作用するのではないかと、私は希望を持ってもいる。

今まで私たちは自然による大災害から幾度も復興してきたが、しかし今回は単に「天災」だったのではない。
今回は、単に「復興するだけ」であってはいけない。

そう、強く思う。

以下、この二・三日ほどのメモを残しておく。


原発は「人が作ったもの」だから、事故はもちろん「人災」。「津波が大きかったから」というのは子供じみた言い訳だ。この事故の責任を東京電力に問うている人が多いが、それでは「木を見て森を見ず」。原発を許可し続けて来たのは私たち皆の総意だ。今度こそ私たち個々が己の無知と無関心を反省すべき。

海江田万里経済産業相は25日、定期検査中の原子力発電所について運転再開に向けた当面の安全確保ガイドラインを来週中にも策定する方針を明らかにした・・というニュース。
「安全確保」?「ガイドライン」?なんだそれ。100%安全などあり得ないことはもう十分に解ったはずだ。

石原都知事曰く「私は原発推進論者です、今でも。日本のような資源のない国で原発を欠かしてしまったら経済は立っていかないと思う」。
石原さん、経済よりも大切なことが見えなくなってしまったのか。目先の現実に囚われて大きな未来を描けなくなってしまったのか。とても残念。

東京電力を責める論調は止めた方がいい。問題を一企業の責任にすり替えて、事の本質を見失ってしまう。政府のせいにするのも無意味。原発の何が問題なのか、それを皆が理解しない限り、ツケを私たちの子孫にまわしているだけに過ぎない。

今漏れている放射線・放射性物質の量が心配に及ぶものではないと説明する記事もたくさんある。オーケー。百歩譲って、現時点ではまだノープロブレムとしよう。しかしだからと言って、原発というシステムの問題が解決しているわけではない。

以上、箇条書きにて。


この期に及んでなお原発の必要性や利点を語る人は、「今までの現実」ばかりを見ているに違いない。
「原発がないと現実的に立ち行かないでしょ。じゃ、今すぐ原発を止めたら日本はどうなると思うの?」と言う。
確かに、理想を語るだけでは現実の問題はクリアできない。

しかし、「これから現実になること」は、今この瞬間に私たち一人一人が何を選択するかによって決まるのだ。

代替エネルギーシステムを始めとした様々な社会インフラが整ったら原発をやめる、というのは発想の順番が違うだろうと思う。それでは「今までと同じ暮らしをしながらシステムが整うまで原発を続ける」という姿勢になってしまう。

「原発なしで立つ社会」は、私たち皆が決心すれば、必ず実現できるに違いない。

今、私たちは社会を根底から構築しなおす瞬間に直面している。
・・と思う。


Bw120film110109_0013

Bw120film110109_0014

写真は「日常の柔らかな光」
Minolta AUTOCORD(Rokkor75mmF3.5)+ 400TMAX(自家現像)

photo & text by りき哉

« 今できること (朧月夜/ソロピアノ) | トップページ | 絶望と決意(さよなら原発) »

1: 随想録」カテゴリの記事

4 : OFFの日記」カテゴリの記事

コメント

私自身なんともモヤモヤ整理のつかない思いだらけで下手に語れない状態に陥ってますが、これだけはお伝えしたく、今回は実名に近い投稿名で書き込ませていただきます。

「前記事含め、私も全く同じように感じておりました。」

朧月夜の演奏もありがとうございました。私も徐々に言葉にしていきたいと思います。

yukiさん

まったく、言葉にするのは難しいですが、これほどに生き方を問われている今この瞬間にこそ、「音楽を通して」だけではなく言葉で語ることもしなくては・・、と私は自分のやり方として感じたのでした。
朧月夜も聴いてくださってどうもありがとうございました。
音楽家として、また一市民として、ともに前進しましょう!


「前進」良い言葉ですね。不謹慎かもしれませんが、「このままではだめだぞ。価値観を見直して新しい未来を築け。」と、人類1人1人に目を覚まさせる機会をもらってる気もしてます。

>「これから現実になること」は、今この瞬間に私たち一人一人が何を選択するかによって決まる
>今、私たちは社会を根底から構築しなおす瞬間に直面している。

ほんと、そのとおりですね。私のブログへの書き込みもありがごうございました。この記事、我がブログでご紹介させていただいてよろいでしょうか?

yukiさん

新しい未来へ前進。その通りだと思います。

記事を紹介していただけることはもちろん嬉しいことです。
少しでも多くの方に共感してもらえたら・・と。
どうもありがとうございます。
(どの記事でも歓迎ですよ)

音楽でも文章でも、どんどん発信していきましょう!

ありがとうございます。そうですね。1人1人が「発信」しないと何も変わらないですしね。

ほんとうに これからのこと 根本を 見直さないといけない と
私もまだ なにも言葉にはできないのですが 強く思いました

誰かを責めるのではなく 本気で 立ち向かっていかないと いけませんね

優しい音色 ありがとうございます

みことさん

>誰かを責めるのではなく 本気で 立ち向かっていかないと いけませんね
まったくその通りだと思います。

「朧月夜」をブログで紹介くださって、どうもありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/501669/39373618

この記事へのトラックバック一覧です: 震災から2週間を経て思うこと:

« 今できること (朧月夜/ソロピアノ) | トップページ | 絶望と決意(さよなら原発) »

カテゴリー