フォト

« ブログ模様替えしました | トップページ | 広がる、新生・bando-band »

2010年5月31日 (月)

記録と表現

「写真を巡る初心者の思考」vol.3として

Imgp8373

4年ほど前(2006年)のこと、コンパクト・デジカメを購入してメーカーのアンケートに答えていたら、その中にとても印象深い質問があった。

 あなたにとって写真とは
 1.記録である
 2.表現である

というもの。
そのカメラを買ったのは、生まれたばかりの息子の成長記録を撮るためであり、将来「赤ちゃんの時はこんな風だったんだ」と振り返ることのできるように、日々の断片を写真として残しておくためである。

また、それより以前から(フィルムの)一眼レフカメラを持っていたが、それを持ち出すのは、旅行の際に「そこへ行ったという事実」や「こんな景色を見たという事実」などを記録しておくためであり、その写真は思い出として残しておく以上のものではなかった。

だから質問の答えは、何の迷いもなく1番である。
「写真とは記録である」
当たり前だ。ほかに写真を撮る目的があるか?
表現って一体何だ?

被写界深度(背景や前景のボケ具合)や被写体ブレを考えて絞りやシャッタースピードを選択したり、構図を考えたり・・・ということは(初心者なりに)してはいたが、それは記録を見栄え良く残そうということに過ぎなかった。
あくまでも事実を記録することが目的であり、表現(らしき工夫)があったとしても、それはその記録に付随するオマケ的なものとしての域を超えるものではなかったと思う。

そのアンケートの質問に出会ったとき、「写真とは表現である」という姿勢など私には全く無縁であるばかりか、想像すらしにくいものであったのだ。

しかし最近になって「表現としての写真」というものに少なからぬ興味を持つようになったのは、このアンケートの問い掛けがきっかけの一つになっていたのかも知れない。
たかがアンケート、されどアンケートだ。
善意で答えてやっていたつもりだったが、反対に大切なことを教わった気がする。

今あらためてこの問いに接したとしたら、何の迷いもなく1番だと答えることはできない。
たぶん、しばらく悩んでから1番だと答えるだろう。

「なんだ結局1番かよ」と切り捨ててはいけない。
これは設問に用意された答えが二択だから結果が同じに見えるのであって、「迷いなく答える」のと「悩んだ末に答える」のは、ぜんぜん違う。
多くの場合(たとえばライブで演奏する時など)は「迷いがない」のは理想的なことであるが、本件の場合は、設問の答えに「迷える以前のレベル」から「迷うことのできるレベル」へと自分の視野が広がったのである。

では、「記録としての写真」と「表現としての写真」の違いは、何だろうか。
それは一つには、それを撮影する目的、あるいは写真に対する態度の違いである、と言えるだろう。

たとえば免許証の顔写真や学術資料としての写真などは、人に感動を与えるために撮影されるのではない。(免許証の顔写真で、その人の心の内面を描くように照明や構図に工夫を凝らして撮影する、ということはされないし、たとえば地質学の資料としてある地層の断面を撮影するのに、観る人が安らぎを感じるようにとその背景に美しい夕日を写したりする、ということはない)
これらは、「純粋に事実を記録するため」だけの写真だ。

一方、(私がこの近年やっとその世界に気づいた)記録としての価値を意図しない、「純粋に作家の概念や世界観を表現するため」だけの写真もある。
それらは、何を写したのかすら解らないような写真であっても表現として成立するし、いつどこで撮影されたとか、そういう事実を問題としない。

もちろんすべての写真がどちらか一方に分類できるわけではない。写真の記録性と表現性を隔てるボーダーラインは細い一本の線ではなく、グラデーションを伴う幅広い帯のようなものだ。
日常生活の中で私たちが見る多くの写真はどちらの要素も持っていて、しかしその比重に違いがあるのだと思う。

以前は「客観的に事実を記録したもの」というイメージを(無邪気にも)持っていた報道写真なども、決してそれだけではなく、そこにはカメラマンが伝えようとしたメッセージが表現されていること、さらには事実とは違うことを表現することすらできる、ということも、今はよく解る。

時として一枚の写真が私たちに大きな印象を残すが、その写真は、ある事実を記録していると同時に、その事実の周りのあらゆる脈絡を断ち切った一片に過ぎない。

「写真とは、対象をそれが置かれた時間的・空間的な脈絡から切り離してくる仕組みである」と言える。
(と、今書きながら、悟ったような気がした)

その断ち切り方の中に、写真に於ける「表現」というものがあるのだろう。

写真は[何か]を、「記録」することも「表現」することもできる。

 あなたにとって写真とは
 1.記録である
 2.表現である

という設問に、何の迷いもなく2番だと答えるような領域に、いずれ私も足を踏み入れるときが来るかもしれない。


トップに掲載した写真は、つい先日あった息子の親子遠足での一コマである。
たしかにこれは子供の成長記録にもなるが、あるイメージを(偶然ではなく)狙って撮った、つまり表現(しようと)したものでもあり、どちらかというと後者の方に比重があると、自分では思っている。
[記録]:[表現]=4:6
くらいだろうか。
表現だと主張するからにはタイトルが必要かもしれない。
「いたずらっ木霊(こだま)」
(2010年5月26日 新宿御苑にて。ノートリミング)

下の写真も同様だが、こちらは
[記録]:[表現]=5:5
くらいとして撮ったつもりである。

Imgp8343
タイトル「(自分で)お弁当を包む」
(2010年5月25日 自宅にて。ノートリミング)

text & photo by りき哉

« ブログ模様替えしました | トップページ | 広がる、新生・bando-band »

1: 随想録」カテゴリの記事

5 : Photo Life」カテゴリの記事

コメント

中村さ〜ん、カメラマンなのか? 小説家のような 作家さんなのか?ううん〜♪♪♪♪♪ 違いますよね・・ピアニスト・・そしてアンジャ-が 正解ですかね?

写真に 対して素人の 私が 記録か? 表現か?
は 最初から 使い分けしてしまいますね・・・結構 カメラを 持ち歩き そう 昔のこと ですが・・・30年も前に どうしても欲しくて 当時にしては、結構な 値段の カメラを、買い 家族から ひんしゅくをかいながら ・・・いろいろ 撮る、写す、記録るを・・楽しんだ事があります。
まぁ・・素人ですから・・。(笑)
話は飛びますが、音楽や 絵画や 写真も・・なにか 相(あい) 通じるところが あるように・・・感じます。 また、カメラ始めようかしら?

志乃さん
は〜い。すみません、写真についてばかり語り過ぎですかね。。
(でもたぶん、もうしばらく続きますよ、初心者ならではの楽しみですから。笑)

そうですか。では結構、カメラにも写真にも凝っていらしたんですね。
音楽も写真も、絵画や彫刻も詩も小説も・・通じるところはたくさんあるでしょうね。
願わくば、それが自分の深層でしっかりと繋がるところまで、趣味も深めていけたらいいな、と思います。
カメラ再開は、きっと楽しいですよ〜(悪魔の声)。

悪魔の声ですか?
ここ暫く 悪魔の声も 天使の声も 聞いていませんので ・・・ドシカメラcamera でも 覗いてみようかしら?

どちらの 声が 聞こえるでしょうねぇ。 軽くて・・ 一眼レフ・・・さがそぅ〜〜と。 では また。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/501669/34920715

この記事へのトラックバック一覧です: 記録と表現:

« ブログ模様替えしました | トップページ | 広がる、新生・bando-band »

カテゴリー