フォト

« 新年の Family Portrait | トップページ | 音楽の厚み »

2010年1月22日 (金)

匂いの記憶、記憶の風景

東京・神楽坂のとある地ビールダイニングで飲食し、締めに頂こうと注文して出てきたコーヒーが偶々、コナコーヒー(Kona coffee)だった。

コーヒーがテーブルに置かれるとその香りがフワッと漂ってきて、その途端、以前暮らしていたハワイの景色が眼前に広がった。
(ハワイには二度ほど、延べ三日間ほど行ったことがある)

その記憶の中の風景があまりにも鮮明に呼び覚まされたので、匂い(香り)の記憶がこんなにも風景のそれと強く結びついているのかと、少なからず驚いたのだった。
いや、風景だけでなく、あの湿度や日差し、五感で感じたもの全てがたぶんその瞬時に呼び起こされたのだと思う。

自分の中で埃をかぶっていた一部の記憶回路にふとしたキッカケでスイッチが入り、そこにフォーカスが当たって覚醒されていく様は(たまにあるけれど頻繁にあることではなくて)、何だかとても愉快な、そして不思議な気分である。

今日の、ほんの一瞬ではあったが印象に残った一コマ。
(・・という、今回はたわいない覚え書きまで)

by りき哉

« 新年の Family Portrait | トップページ | 音楽の厚み »

4 : OFFの日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

コナコーヒー(少々お高いのがネックですが)
美味しいですよね。

香りと風景の結びつき云々も何故か納得です(笑)

コナコーヒーの香りから思い出される私の情景は、
マウイにあるゴルフコースのクラブハウスですね。

プレー後の心地よい気だるさに、海からの風と、
コーヒーの香りが混ざり合っていました。


ミハルカスさん

ゴルフですか、いいですね。(って私はゴルフしたことないんですけど)

コナコーヒー、私も大好きです。
でも、もしかするとそれは、その味や香りそのものが好きというよりは、ハワイの気候やあの土地に流れている気が好きなので、その情景に浸れるから「好き」なのかもしれない、と今ふと思いました。

もしもコナコーヒーの味や香りから何も連想するものがなかったとしたら・・、果たしてそれでもあの味と香りに今ほどの好感を持つだろうか、う〜ん、謎ですね。
味覚と記憶の関係や如何に。。

まあ謎はともかく、美味しく頂けることは何より幸せなことですね。

「珈琲」の香り 大好きです。必ず 音楽がいつもそこにあるから・・・・。他にも・・・・雨の降る直前の香りは、学校帰り傘がなく びしょ濡れに・・(今の様に コンビニも無く そこここで 傘を買えませんでしたから・・・)。また真夏の夕立は バリ島やハワイのスコールを 思い出し、懐かしさに 癒されますね。 香にメロディーを付ける・・・な〜〜んて、楽しいO(≧∇≦)oかもしれませんね。

志乃さん
初めまして(でしょうか?)
雨上がりの草木の匂いがとても心地よいのも、子供の頃の記憶と強く結びついているからなんでしょうね。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/501669/33080231

この記事へのトラックバック一覧です: 匂いの記憶、記憶の風景:

» 新たなコーヒーの世界をお届けします [アタベイ]
恐らく、高品質コーヒーと聞いて『アタベイ』を思い浮かべる方は少ないことでしょう。しかし、一度飲めば必ずその品質の高さがお分かり頂けるはずです。無料サンプルをお届けしていますので、ぜひお試し下さい。 [続きを読む]

« 新年の Family Portrait | トップページ | 音楽の厚み »

カテゴリー