フォト

« 頑固さと柔軟さ(初版) | トップページ | 2008年 WORKS(参加CDなど) »

2008年12月15日 (月)

頑固さと柔軟さ(完全版)

今ここに自分が作った一つのメロディがある、とする。

作編曲するとき、「ここのコード(和音)はこれでなくてはいけない」という種類のこだわりを持つことは、職人としても、アーティストとしても大切だ。
それは、己の審美眼を研ぎ澄まし、信じることと同値である。

また、自分と違う様々な価値観や美意識、正義、常識などを、頑なに拒否したり攻撃したりするのでなく、(その多様性を)受け入れることは、職人としても、アーティストとしても、人としても、国家としても大切だ。
作編曲するとき、「ここのコードはこう変えるのもアリかも知れない」と柔軟に捉える姿勢は大切なのだ。
それは、己の器を広げ、新たな可能性を探ることと同値である。

こだわること(頑固さ)と受け入れること(柔軟さ)、一体どっちが大切なんだ?
とちょっと思うけれど、この二つは(音楽をしていく上で)相反する姿勢ではなく、どちらも欠かせない両輪なのではないか。

頑固なだけでは広がっていかないし、柔軟なだけでは深まっていかない。

たぶん、そういうことなのだろう。

だから、できる限り、頑固かつ柔軟な人になりたい。
と、日々思う。

難しいのは、「ここはこのコードしかない」という確信を持ったときに、果たして今自分は柔軟さを失っていないだろうか、という問いが浮かぶ場合と、「ここはこのコードでなくてこっちのコードも良いな」という新たな可能性を受け入れようとするときに、果たして今自分は確固たる審美眼を見失っていないだろうか(審美眼が鈍っているからどっちも良いと思ってしまうのではないか)、という問いが浮かぶ場合である。

大抵の場面では(いつも)、この両極の間をグルグルと右往左往している。
達観の域は果てしなく遠い。

by りき哉

この記事の初版はこちら。
頑固さと柔軟さ(初版)

« 頑固さと柔軟さ(初版) | トップページ | 2008年 WORKS(参加CDなど) »

1: 随想録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/501669/26193185

この記事へのトラックバック一覧です: 頑固さと柔軟さ(完全版):

« 頑固さと柔軟さ(初版) | トップページ | 2008年 WORKS(参加CDなど) »