フォト

« NO TEARS | トップページ | 砂銀ウォーク »

2008年7月31日 (木)

ふろくのシンセサイザー

先日ネットで予約注文しておいたブツが届いた。
学研の「大人の科学マガジン」である。
「大人の科学マガジン」というものの存在はそれとなく知ってはいたのだけど、買ったのは今回初めて。
とてもユニークなコンセプトの雑誌(?)である。目のつけどころがニクい。
今号の付録はアナログ・シンセサイザー(のキット)だということを知って、衝動買いしたのだ。

ふろくによっては、例えば「真空エンジン」はとても格好良くて興味そそられるのだが、1万5千円以上する。
しかし今号は3千円ちょっと。

おぉ!3千円のアナログ・シンセサイザー!
学研のシンセサイザー!!
すごい。
組み立てる楽しみもある。
設計も部品もお膳立てされているので、プラモデルのような感じだろう。
(プラモデルを組み立てるのは小学生のとき以来だ。懐かしいなぁ。)
本の中身もシンセサイザー特集で、結構読み応えありそう。

値段から考えて、もちろん楽器としてのクオリティを期待してはいない。
しかしおもちゃとしても、充分にこれは楽しそうでコストパフォーマンスも高そうだ。
私が飽きたら、子供(2歳半)のおもちゃにちょうど良いかもしれない。
いやいや、あるいはこういうチープなものが意外と仕事で使える飛び道具になるかもしれないぞ。

というようなことを考えながら、えいっと注文したのだった。
自宅のローズピアノの前でパッケージの写真をパチリ。

早速組み立てたいところだけど、明日朝からTAKAO BANDの名古屋・浜松ライブツアーなので、お楽しみはお預け。

Gakken_synth


by りき哉

« NO TEARS | トップページ | 砂銀ウォーク »

4 : OFFの日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/501669/22671007

この記事へのトラックバック一覧です: ふろくのシンセサイザー:

« NO TEARS | トップページ | 砂銀ウォーク »

カテゴリー