フォト

« 金子雄生セッション#1 | トップページ | すすむ すすむ bando-band(7/18写真UPしました) »

2008年6月25日 (水)

順応する力

クルマの側面に文字を書く場合に、クルマの前から後ろに向かって書く、という慣習がある。
その場合、クルマの左サイドはいいのだが、右サイドだと文字列は右から左に向かうことになる。
私が自分のクルマに宣伝を書くとしたら、右サイドは
「哉力村中 トスニアピ」
というふうになる。
(「たけやぶやけた」みたいな回文なら良いのにね・・。)

文字列が通常と反対向きに書かれているためにすぐに読めない、ということはよくあることだ。
そういう時はすぐに、「あ、クルマの前がこっちだからこっちから読むんだ」というふうに理解して、苦労しながら右から左に読む。
そう。そういう時は「苦労」するのである。

ところが、今日はそれと反対の体験をした。

今こうして書いたり読んだりする通常の文章と同じように、ちゃんと左から右へ向かって書かれた文字列を、とっさに右から左へ読んでしまった。
私が見たのがクルマの右サイドだったので、無意識に、クルマの前から後ろに向かって読んでしまったのである。

読んでみてから意味が不明なので自分のまちがいに気づいた訳だが、気づいたあとも、普通に(左から右へ)読むことに強い違和感を持ってしまい、
「あれ、文章って本当はどっちから読むんだっけ?」
というように頭がコンガラガってしまったのだ。
ごく普通に読むことに苦労を要したのである。

これは驚くべきことだった。
それほどまでに私は、「クルマに書かれた文字はクルマの前方から読む」という慣習に毒されていた、ということである。

それとも、これは「人間が持っている認識適応力の高さ」に感嘆するべきことなのだろうか。
その慣習に長らく接している間にいつの間にかそれに適応していた、ということである。

慣習に毒されていると見るか、認識適応力が高いと見るか、ということは同じ事柄をマイナス思考で捉えるかプラス思考で捉えるかの違いかもしれない。

音楽で言えば、たとえば12音平均律について。
この音律は、物理的にはオクターブ以外の音程はすべて厳密にいうと協和していない。
それでもいろいろな点で「便利」だから、数学的に作り出されて、いまの私たちの世界では「標準」になっているのである。

多くの人は音律の物理的なことや数学的なことは知らずに、それでもこの音律に違和感を持つことなく音楽を聴いているだろう。
私も、12音平均律で調律された(つまり普通の)ピアノの響きに、無限の美しさを感じる。

これは果たして、我々はこの音律の慣習に毒されている、と見るべきなのか。
それとも、我々のそのような認識(音を感じる)適応力の高さ(柔軟性と言ってもよい)を評価するべきなのか。

似たようなことで思い出したことがある。
鏡像の認識の仕方についてのエピソードだ。

けど長くなるので、話をまとめないまま、続きはまた今度。
(「今度」は次回とは限りません。いつかな。)

by りき哉


« 金子雄生セッション#1 | トップページ | すすむ すすむ bando-band(7/18写真UPしました) »

1: 随想録」カテゴリの記事

コメント

お久し振り!実はいつも読ませてもらってるんだけど、なかなかコメントできなくて・・。いつもながら、力哉くんの発想は非常に哲学的で面白いから、コメント側も、そうそう「おいそれ」と書けなくて(笑)。

そうそう車のアレは私もずっと気になってました。パッとまとめて視界に入るわけで、別に車が走ってるからって先頭から読むわけじゃないのにね。でもそういえば・・・それに慣らされて逆に普通に読めない時もある・・様な気がする・・。普通はココで終わりなのに、さすが12音平均率の例えと照らし合わせる所が・・らしいよね。

「毒される」「適応する」・・・ホント結局は同じ事ではあるね。人間は「慣れる」動物ってトコか。自分自身をしっかり持って両方を善し悪しに関わらず「そういうのもアリ」と使い分ける柔軟性を持つ・・ってのがいいいのか。

「逆は真なり」って言葉もあるし、何が正しい、も何も無いのかな。うーーん、やっぱり答えは出ましぇん。でもどうしてもこの題目は無視できんかった。脈絡無くてごめんなさいです。

やあ!どうもありがとう!
え?「おいそれと」書けない?
どうも私は人から崇高な人に思われてしまいがちなんだよね。本当はこんなに気さくでナイスガイなのにね。

冗談はともかく・・。
この記事は自分で書いたあとで「なんてくだらないことを書いてしまったんだろう」と後悔して削除しようかと思っていたんだけど(大抵毎回いつもそう思っている)、貴君と同様「面白かった」と言ってくれた人が居たので、取り敢えずそのまま残してあるのでした。

平均率の件は昔から常々感じていることです。
クルマ文字の件を今回体験した時に、それ(平均率の件)を咄嗟に連想したので一つの記事にまとめたのだけど、後から考えるとどうもその繋がり(関係性)が今ひとつなような気がして・・・。
でもどうして今ひとつと感じるのか、どうも今ひとつ解らなくて、いずれ本として出版する時は(笑うとこですよ)改めて書き直そうと思っています。

「慣れ」は、ある環境で生活していく上で必要でもあるけど、逆に「慣れてしまうこと」を戒める姿勢も大切だ、ということなんだろうね。

我々音楽家にとっては、音律の問題もそうだけど、例えばある楽曲なり、音楽のある方法論なり、そういったものに慣れることは仕事を進める上で高効率になるし、プロフェッショナルとしてそれは必要なことだけど、それに慣れきってしまって疑いを持たなくなるとそこで完結して終わってしまう。

という話と繋がっていくのかな、この記事は。
思いついたまま書いているので、やっぱり話がとっ散らかっている感じだなぁ。

いずれまた、きちんとまとめられたら良いのだけど。
あ、「鏡像の認識について」の話も私の中ではとても面白くて、それもいずれご紹介したいと、頭の隅で思っています。

おーい、そこの崇高そうだけど実は気さくなナイスガイのあなた・・さすがに返答も崇高ですなあ・・(笑)。

冗談はともかく・・。
最後の結論・・これまた最もだと思います。はい。ぼんやり私が思ってた事、またもや言葉にしていただきました。

「鏡像の認識について」も首を長くして楽しみにしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 順応する力:

« 金子雄生セッション#1 | トップページ | すすむ すすむ bando-band(7/18写真UPしました) »

カテゴリー