フォト

« 「人差し指」について | トップページ | 音楽を深く感じるために »

2008年5月25日 (日)

SHAHの東京&高松ライブ

津軽三味線の工藤武さん率いる「SHAH」は、民謡ありポップなオリジナル曲ありで、とてもエネルギッシュで楽しいバンドです。
私は結成当時(たしか’96年だった)からのおつきあいで、今回も久しぶり(3年ぶりくらい)にゲスト参加させて頂くことになりました。

編成は工藤さんの三味線とメインヴォーカルのKAZUMIさんを中心に、尺八&笛、和太鼓、ドラム、ベース、バックヴォーカル、それにキーボードが二人いる上に私がピアノで入るという、大所帯です。(キーボーディストが3人って、すごい!)
さらに今回は民謡・舞踊のゲストもあり、一段と盛りだくさんなライブになる模様。
先週と先々週、たっぷりとリハーサルもしました。
乞うご期待!
バンド・アンサンブルのハッピーなこともさることながら、工藤さんの三味線独奏は、本当に本当に怒濤にスゴイです。

東京は5月26日(月曜)、原宿「CROCODILE」にて。
open 18:30 start 19:30
前売/3000円 当日/3500円

高松は6月8日(日曜)、「サンポート高松 大ホール」にて。
open 12:30 start 13:00
S席:5000円 A席:3500円

その他の詳細はLIVEの予定にて。

ところで私は高松を訪問するのは今年二度目です。
一月にbando-bandの四国ツアーで行って以来。
2/2の日記「ああ、愛しのumieのカレー!」を書いた時点では、こんなにすぐに再び高松を訪れる機会があるとは思ってもいませんでした。
(実際には今回のライブに参加することは昨年から決まっていたのだけど、その場所が四国とは聞いたものの高松だとは知らなかった)

そんなわけで、今回高松へ行けるのは、個人的に実はとてもうれしいのです。
ああ、umieであのカレーが食べられる〜!
今回、前乗り(ライブ前日に現地入り)してゲネプロなどもあるので、時間の合間をみつけて何としてもumieに行くぞ〜!
と、意気込み充分なのでした。楽しみだ〜!

by りき哉
(下の写真2枚は高松ライブのチラシ)

Takamatsu1


Takamatsu2

« 「人差し指」について | トップページ | 音楽を深く感じるために »

3 : Information」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/501669/21148680

この記事へのトラックバック一覧です: SHAHの東京&高松ライブ:

« 「人差し指」について | トップページ | 音楽を深く感じるために »

カテゴリー