フォト

« お父さんな日々 | トップページ | 「人差し指」について »

2008年4月23日 (水)

新郎当てクイズのピアニスト版

(記事文中に音楽再生ボタンがあります)

ピアニストの友人・えぐりんの結婚披露パーティに参加した。
えぐりんとは、今から10年以上前になるが、2年間ほどにわたって伊藤多喜雄バンドで数々のコンサートツアーを共にした盟友である。

一月ほど前にパーティの招待を頂いて、喜んで出席しますとお返事をしてから何日かして、「パーティでの新郎当てゲームに参加してほしい」という電話を頂いた。

新郎当てゲームは、目隠しをした新婦が何人かの人と握手をしてどれが新郎かを当てるという、とてもポピュラーなゲームである。
今回、これのピアニスト版をやりたい、という。
つまり、新郎を含む数人のピアニストが同じ曲を演奏し、どれが新郎の演奏か新婦が当てるゲームである。
そして、もしも新婦の答えが間違いだった場合、その間違えられたピアニストは豪華景品(「任天堂Wii」か「iPod touch」)をもらえる、という話だ。
・・それは面白い。

課題曲はワーグナーの結婚行進曲。
これをそれぞれ独自の解釈に基づいて自由に、2分以内で演奏して欲しいという。
景品をもらうにはなるべく新郎と似た傾向のアレンジ・演奏をした方が有利なわけだが、「いや、自分は自分の味で演奏したい」というのもアリで、その辺は自由にどうぞ、とのこと。

もちろん快諾。
景品が iPod touch だったら是非欲しいなぁ。さて、どう料理したらえぐりんっぽくなるだろうか。
しかしちょっと(5分くらい)考えて、すぐに景品を取りに行くという野望は諦めることにした。
もしも私が新婦の立場だったら、もう絶対に間違えっこないというほどに、彼と私のタッチは全く違う。彼のマネをするのは至難である。
私は私なりにやることにしよう。
しかし待てよ。新婦の音楽を聴く耳については未知数だ。どんな人だろうか(テレビ局のアナウンサーとのことである)。
十中八九ないにしても、あるいはひょっとすると、私に間違えてくれる可能性もゼロではないかもしれない。
えぐりんの音楽性はクラシックからジャズから歌謡曲から民謡やら実験的なものやアバンギャルドなものまで恐ろしいほど幅広いので、アレンジの方向性としては幕の内弁当的にやってみよう。
最初はルバートで、サビから5拍子にして、一瞬だけモーツァルトの練習曲のようにやって、サビ後はラテンにして、さらにブギウギにして盛り上がって終わる、という流れでいく作戦を立てた。これで時間はぴったり2分。
全体的にサウンドはジャズっぽくなりすぎないように、なるべくクラシックっぽさを残すように心がけよう。
何より一番気をつけなければいけないのは、演奏中に唸り声を上げないことだ。
えぐりんは、そして他のピアニストはどんな演奏をするだろうか。

さて、会場は六本木のSTB。
パーティは案の定、彼の音楽性を反映して幅広いジャンルのミュージシャンが集まっていた。
素晴らしくクオリティの高いパフォーマンスが次々と繰り広げられる。

新郎新婦がお色直しで再入場して場の空気も心機一転したところで、いよいよゲームとなった。
題して「ピアニスト聴き比べ大会。新郎は誰だ!?」(だったかな?もうちょっと長いタイトルだったかも)。
私が最初に呼ばれてステージへ。
二人目は、お互いに活動フィールドの共通する部分も多く、面識もあるアビル竜太氏だった。
三人目は、既に目隠しをした新婦には正体を秘密にして新郎のお父さんが壇上へ。
えぐりんのお父さんはスタジオ系などでもバリバリベテランのジャズピアニストである。
演奏する順番はジャンケンの結果、新郎えぐりん、お父さん、アビル氏、最後に私。

私はこの時点で、他の三人がどんな演奏をするか、本当にワクワクして楽しみで仕方がなかった。

えぐりんの演奏は、やっぱりえぐりんらしい、力強く素晴らしい演奏だった。
結婚行進曲のメロディなんて時々ちょっと顔を出すくらいで、とても自由に壊している。
そうか、そこまで壊してきたか。
会場は拍手喝采。

お父さんは、平然とした顔で最初から全然関係のない古い歌謡曲(だと思う)を弾きだした。可笑しくって会場からも笑いが起こる。
まったく脱帽である。この肩すかしの技。与えられた課題などどこ吹く風。
年の功だろうか。それともご本人の天然の芸人性なのだろうか。余裕があると言うべきか。流石というほかない。
このユーモアセンスに、私は多いに学ばなくてはいけないだろう。
きっとあらゆることに通じる「懐の深さ」みたいなものではないだろうか。
演奏の後半では、ちゃんと課題曲の一部分を弾いて締めくくった。
会場は拍手喝采。

アビル氏は、かなりアグレッシブで自由な演奏。最初のえぐりんと同様、テーマメロディなどあまり弾かない。ジャズ的な解釈で、カッコいい男らしい演奏だ。
会場は拍手喝采。

そして私。ピアノの前に座ったけど、前の三人のあまりに勝手な演奏を聴いたせいで、ソードードドー、ソーレーシドーというメロディが一瞬思い出せなくなった。
一生懸命に思い出してから、一応考えておいた流れで演奏。他の三人と違って、ちゃんとメロディを全部弾く。
失敗した部分もあったけど、会場は拍手喝采。
その時の演奏の録音がこれである。

(他の三人の演奏は録音していません。)

新婦が答えを正解したかどうかは、ここでは内緒にしておこう。
ちなみに私は景品をゲットすることはできなかった。

でも景品のことはともかく、参加してとても楽しいゲームだった。
与えられた課題を、どのように読み替えていくか。
肝に銘ずるべきは、音楽の解釈以前に、ことばの解釈を深め広げていくことである。
人となりが音楽に表れる。
解釈を深め広げることは、もしかするとテキトーに解釈することと表裏一体かもしれない。
真面目さとテキトーさのバランスを、常に俯瞰しながら精進したいものだ。
しかしこういうことを考えること自体が、少し真面目な方向に傾いているかもしれない。
よし、もうちょっとテキトーに構えるように心がけよう。
と心がけているうちはまだまだなのだろう。
・・というようなことを思ったりする体験であった。


えぐりん、素敵なパーティにお招きいただきどうもありがとう。
そして、結婚おめでとう!!
お幸せにね!

by りき哉

追記(4/27)
上記のえぐりんの演奏についての文章「結婚行進曲のメロディなんて時々ちょっと顔を出すくらいで、とても自由に壊している。」というのは私の理解不足による間違いでした。
えぐりんのアレンジは、実はメロディも一応全部弾いていたとのこと。
左手はBbでずっとドローンにして、右手のメロディーはリズムだけ崩して弾いていたそうです。
えぐりんに教えてもらいました。
うーん、そうだったのか。
すごく「飛んだ」アレンジに聴こえました。かっこ良かった。

« お父さんな日々 | トップページ | 「人差し指」について »

2 : Rikiya's SOUND」カテゴリの記事

4 : OFFの日記」カテゴリの記事

コメント

大変興味深い体験談でした。録音も聴かせて頂きました。面白かった!他の皆さんのも興味津々です。終了後、大〜マジメに「テキトー」について思考する所も・・・らしい・・・ですね(笑)。今後の記事も楽しみにしてまーす。

(さて私は誰でしょう?→ヒント: テラノにはいつもありがとう(^_-))

私もピアニスト(のハシクレ?)さん
どうもありがとう!
正体はヒントのおかげでバレバレです。
いやぁ、ほんとに特にミュージシャン受けするゲームだよね、これは。
音楽って、やっぱり人間性だねぇ。
またいろいろピアノ談義しましょう!

ご挨拶が遅くなりました。新年おめでとうございます。
fuji2010、力哉さんにとりましてワンダフルな1年となりますように。。。

さて。「秋元さんのジャスアルバムのレコーディング&アレンジ」の記事からこちらに飛んで参りましたnoteいやぁ~、とても面白いゲームですよね。勿論、力哉さんの2分18秒も3回聴かせて頂きました(笑) のだめ風(?)お父さまの「課題そっちのけ」演奏も聴いてみたかったです!  

余談なのですが、こういったジャズ的アレンジでクラシカルな曲を聴くってとても楽しいですね^^こちらの記事を読みながら思い出してしまったんですが、ガーシュインの「ラプソディー・イン・ブルー」を小曽根真さん(pf)で初めて聴いた時、あのカデンツァ部分のカッコ良かった事!今まで聴いた事のないスリル感に度肝を抜かれた事を思い出しました~heart04


と、何だか長々失礼致しました~。
今年もカッコイイステージを楽しみにしておりますねlovely
寒い日々ですが、あたたかくされて、お体は大切にされて下さいねspa

きな子さん
3回も聴いていただけて嬉しいです。
この結婚パーティから2年近くが経とうとしている今も、この時の楽しかった様子が鮮明に思い起こされます。「課題そっちのけ」の、「お〜、そうきたか〜!」というインパクトも!

クラシック曲に限らず、皆が知っている曲をどうアレンジするか(どう壊すか)というのは、やっている方も楽しいものです。
ユーモア、美しさ、緻密さ、大胆さ、・・あらゆるバランス感覚が試される感じですね。

小曽根さんの「ラプソディー・イン・ブルー」は、それはもう(演奏技術も含めて)スゴいでしょう!

今年も応援どうぞよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/501669/20495082

この記事へのトラックバック一覧です: 新郎当てクイズのピアニスト版:

» 結婚生活とは・・・ [結婚生活とは・・・]
結婚生活とは・・・ [続きを読む]

« お父さんな日々 | トップページ | 「人差し指」について »

カテゴリー