フォト

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月29日 (木)

山形民謡とピアノ

2006年の11月、山形県寒河江市市民文化会館で行われた二代目・辻秀菁の民謡リサイタルにピアニスト&音楽アレンジャーとして参加しました。
この5曲はその際に制作したアレンジ・スケッチです。

(「〜をダウンロード」のリンクを押すと音源再生の画面が開きます)

 

M1 山寺石切唄
「yamaderaisikiriuta.mp3」をダウンロード

 

M2 真室川音頭
「mamurogawaonndo.mp3」をダウンロード

 

M3 最上船頭唄
「mogamisenndouta.mp3」をダウンロード

 

M4 村山おばこ
「murayamaobako.mp3」をダウンロード

 

M5 あがらしゃれ
「agarashare.mp3」をダウンロード

 

M1は初代辻秀菁の、そしてM2~5は二代目辻秀菁のアルバム(和楽器のみによる純粋な民謡)音源に、私が新たにハーモニーを加えてピアノをオーバーダビングしたものです。
(民謡には元々ハーモニー(の概念)はありません)

 

これら5曲はあくまでも、リハーサルに先立って共演メンバー (私以外全員、民謡の世界の方々)と辻先生にアレンジの雰囲気を伝えるための「ラフスケッチ」として制作したものだったのですが、素材が素晴しいのでピアノがデジタルピアノであるにもかかわらず我ながらとても心地よく・・・、
当時11ヶ月の息子も(それまでグズっていても)これを聴くとハッと静かに耳を傾け、そのうちに安心してスヤスヤと眠ってしまうので、我が家ではこのスケッチが超ヘヴィー・ローテーションになったのでした。
効果抜群の子守唄!!(お父さんお手柄!)
1歳2ヶ月を過ぎた現在('07年3月)もその効果は衰えず有効です!
というわけで折角なので皆さまにも自由に聴いて頂けるように、辻先生にも快くご承諾を頂き、音をアップすることにしました。

 

M6 山寺石切唄(ライブ録音)
「yamaderaishikiriuta061119.mp3」をダウンロード

 

M6はボーナストラックです。
 唄/二代目辻秀菁
 尺八/佐藤英史
 鳴りもの・お囃子/美鵬那る駒・美鵬成る駒
 ピアノ/中村力哉
 2006年11月19日山形県寒河江市市民文化会館大ホールにてライブ録音。

 

※これらの音楽データは個人として楽しむ他は著作者(辻秀菁、中村力哉)の許可なく使用することはできませんのでご注意ください。

 

文中一部敬称略。
なお、辻秀菁の「菁」の字は正しくはクサカンムリに「青」です。

 

 

[追記]

 

2011年3月11日の震災に接し、東北地方の民謡にピアノで和声をつける試みをしています。
復興を祈る私たち一人一人の想いに、この音楽が少しでも寄り添うことができたなら幸いです。
ピアノで織りなす東北民謡~Pray for Japan~ (YouTube Rikiya Nakamura Official Channel の再生リストより)

 

by りき哉

 

 

 

2007年11月28日 (水)

演奏において

演奏において、
イメージを持つことは大切だけど、
イメージを持たないことも大切だ。
心を平静に、余念なく、既知のイメージにとらわれることなく。
広く見渡して、その一瞬に耳を澄ます。
本当に耳を澄ますことは、それはすなわち自分を開くことだ。
あらゆる方向に。
そうすれば、抽象的なゆるやかなイメージを持ちながら、
そこからも自由に離れてゆくことができるだろう。

by りき哉

----------------------------------------------------

2007年11月 1日 (木)

2007年11月のライブ

続きを読む "2007年11月のライブ" »

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

カテゴリー